2020年も残すところあとわずか。新型コロナウイルス感染拡大の影響で異例の状況が続くサッカー界だが、ここでは日本サッカーに精通する識者に、今年一年で顕著な活躍を見せた日本人選手の中から、ベストイレブンとMVPを選出していただいた。スポーツライターの小宮良之氏が選んだ“2020年の11人”の顔ぶれは――。

――◆――◆――
 コロナ禍で価値観まで一変する中、「新時代」を予感させた“ルーキー”を中心に2020年ベスト11に選出した。

 GKは2020年のJリーグで最も地殻変動が起こったポジションだが、中でも鹿島アントラーズの沖悠哉の防御は非凡だった。反応の鋭さや出足の速さは抜群で、21歳で鹿島のゴールを守った意味は大きい。

 SBは異彩を放つ選手が出てきた。右はFC東京の中村拓海。状況を瞬時に見極め、適切な判断で高い技術を出せ、東京の攻め手になっていた。一方、左はサガン鳥栖の中野伸哉。17歳は今年一番の衝撃だった。ボールの引き出し方だけで入れ替わるようなセンスは、すでにリーグのトップ選手レベル。「世界の入り口」を濃厚に感じさせた。

 CBは、セレッソ大阪の瀬古歩夢がヨニッチと組むことで、精度も洗練されてきた。左CBの人材は世界的に多くなく、今シーズンの新人王に値する。もう一人は、すでに海を渡った冨安健洋の名前を挙げたい。セリエAで日本人CBが活躍するというのは隔世の感がある。

 ボランチは、川崎の田中碧がセンスを見せつけた。予測で上回って相手よりも早く動けるし、それを周りにも伝播させられる。川崎のサッカーを動かし、MVP級の活躍。もう一人は橋本拳人で、彼はMVPのところで触れる。

 サイドアタッカーは、横浜FCの松尾祐介、セレッソの坂元達裕の二人。松尾は左からゴールに迫った。ゴールに近づくと精度が落ちるドリブラーは多いが、彼は落ちない。坂元は左右どちらからも抜け出せるため、的を絞らせず、得点につなげ、戦術を完結させていた。

 トップ下は、やはり久保建英。スペイン1年目でその名を高めた。10代でスペインのクラブの主軸は革命的で、ビジャレアルでの苦難も糧だ。

 トップは上田綺世。FWに必要な資質を全て持ち合わせる。リーグ後半にはエヴェラウドとのコンビで得点を量産。ダイナミックなゴールは日本サッカーの希望だ。

 東京五輪代表候補に近いが、新鋭台頭は日本サッカーの明るさ。彼らを育てた土壌を祝福すべきだ。

【画像】Jリーグアウォーズで表彰された11人は?
橋本拳人(ロストフ/MF)

 2019年は東京の戦術の核になって優勝争いを牽引したが、現状に満足せず、ロシア挑戦を決意した。厳しい世界情勢もあり、リスクの方が大きかった。周囲に猛反対されたが、自ら扉を開けた。その覚悟を、新天地で示している。マルセロ・ビエルサを思わせるヴァレリー・カルピン監督のマンマーキング戦術にも全力で適応し、今や欠かせない選手となりつつある。元々ゴール前に飛び込む迫力はあったが、勝点を稼ぐ貴重な得点が増え、プレーの幅は確実に広がった。その挑戦精神は白眉だ。

文●小宮良之(スポーツライター)