川崎フロンターレの優勝で幕を閉じた2020年のJ1リーグ。元日の天皇杯や、1月4日に延期されたルヴァンカップの決勝戦は残されているものの、多くのクラブが新シーズンに向けた動きを開始している。

 12月28日に最も活発な動きを見せたのは浦和レッズだった。ヴィッセル神戸からは元日本代表・DF西大伍を、大分トリニータからはアタッカーの田中達也をそれぞれ完全移籍で加入。栃木からはMF明本考浩、GK塩田仁史を獲得している。

 一方で、DF鈴木大輔をジェフ千葉へ、MF長澤和輝を名古屋グランパスへ、武富孝介を京都サンガF.C.へ完全移籍で放出。またDF荻原拓也、GK福島春樹をともにレンタルで京都へ武者修行に出すなど、この日だけで4名を獲得し、5選手を放出している。

 湘南ベルマーレは大晦日に開幕する選手権出場校の帝京大可児(岐阜県)から2年生の逸材MF鈴木淳之介を2022シーズン加入で内定させた。

 また、10月に飲酒運転で接触事故を起こし、警察の取り調べのため処分保留となっていたガンバ大阪のFWアデミウソンの契約解除も発表されている。
 
12月28日に決まった主なJ1リーグの移籍加入選手は以下の通り
※[ ]内チームはレンタル元

☆仙台
OUT
FW:ジャーメイン良(25)→横浜FC
DF:浜崎拓磨(27)→松本

☆浦和
IN
MF:田中達也(28)←大分
DF:西 大伍(33)←神戸
MF:明本考浩(22)←栃木
GK:塩田仁史(39)←栃木
OUT
MF:長澤和輝(29)→名古屋
MF:武富孝介(30)→京都
DF:荻原拓也(21)→京都
DF:鈴木大輔(30)→千葉
GK:福島春樹(27)→京都

☆横浜FC
IN
FW:ジャーメイン良(25)←仙台
DF:韓 浩康(27)←秋田
OUT
DF:星キョーワァン(23)→松本


☆湘南
IN
MF:鈴木淳之介(17)←帝京大可児高※2022シーズン加入

☆名古屋
IN
MF:長澤和輝(29)←浦和
OUT
MF:長谷川アーリアジャスール(32)→町田

☆G大阪
OUT
FW:アデミウソン(26)→契約解除

☆C大阪
OUT
GK:茂木 秀(21)→町田

☆神戸
OUT
DF:西 大伍(33)→浦和

☆広島
IN
DF:今津佑太(25)←甲府

☆鳥栖
OUT
FW:チョ・ドンゴン(34)→契約満了
MF:アン・ヨンウ(29)→契約満了

☆大分
IN
GK:ポープ・ウィリアム(26)←[川崎]岡山
OUT
MF:田中達也(28)→浦和

☆徳島
MF:表原玄太(24)→松本

さらに詳細な移籍情報はこちらをチェック!
【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

構成●サッカーダイジェストWeb編集部