[天皇杯 決勝]川崎1-0G大阪/1月1日/国立競技場
 
【チーム採点・寸評】
川崎 7
前半は5バックで自陣をカバーしてきたG大阪を崩し切れず。それでも冷静だったチームは、後半に入って55分、相手の一瞬の隙を見逃さずに三笘のゴールで先制! 1-0で勝ち切り、リーグ戦と合わせて目指していた1シーズン内での複数タイトル獲得を果たし、中村憲剛のラストマッチを最高の形で締めくくった。
 
 
【川崎|採点・寸評】
 GK
1 チョン・ソンリョン 6.5
最終ラインの裏に出されたボールに素早く反応。エリアを飛び出してクリアした。セービングも安定していた。83分のファンブルはヒヤッとしたが、終盤の相手の波状攻撃にもよく耐えた。
 
DF
13 山根視来 6.5
序盤から積極的に右サイドを駆け上がり、チャンスを演出。ゴールこそ生み出せなかったが、G大阪の守備を押し下げた。
 
4 ジェジエウ 6.5
パトリックとの迫力のある空中戦を演じながら力強いディフェンスを披露。気持ちのこもったプレーでクリーンシートに寄与した。
 
 
5 谷口彰悟 6.5
珍しくフィードが引っかかる場面こそあったが、ジェジエウらとともに堅い守備を築く。終盤のG大阪の攻撃も撥ね返した。主将としてさらに逞しくなった印象。
 
30 旗手怜央 6.5(86分OUT)
登里の負傷を受けてこの日も左SBで先発。クロスを合わせられないシーンはあったが、果敢にゴール前へ飛び込んでいくなど攻撃面で奮闘。エネルギーを使い切ったか86分に交代。

MF
6 守田英正 6.5
毎度のことながら相手の守備に狙われるシーンはあったが、いなしながらバランスを取った。前半には相手エリア内に攻め込み崩しにかかった。
 
25 田中 碧 6.5
ダイナミックに攻守に関わり、チームのエンジンとなる。プレースキッカーとしても貢献し、相手に脅威を与えた。よく走った。
 
MF
10 大島僚太 6.5(89分OUT)
惜しいミドルは決めたかったところ。それでも攻撃の起点はやはりこの10番で柔軟にパスを回した。
 
FW
41 家長昭博 6.5
得点こそ奪えなかったが、前回ハットトリックを決めた古巣に対して、この日も“恐い存在”となる。様々な動きでゴールに迫った。
 
18 三笘 薫 7.5(79分OUT)
この日はマッチアップした高尾らの対応に苦慮するシーンも見られた。それでも55分に値千金の決勝弾!! やはり“持っている男”だった。
 
9 レアンドロ・ダミアン 7(79分OUT)
気合い十分でピッチへ。チャンスを仕留め切れずも三笘のゴールを演出。CFとしてよく攻撃を引っ張った。
 
 
交代出場
FW
11 小林 悠 ―(79分IN)
試合終盤には長谷川とともに好機を作ったが、追加点は奪えず。それでも前線からよくボールを追った。
 
MF
16 長谷川竜也 ―(79分IN)
2度のビッグチャンスがあっただけに、決めていれば三笘とともにヒーローだったが……。左サイドからチャンスを覗った。
 
DF
7 車屋紳太郎 ―(86分IN)
旗手に代わって左SBとしてピッチへ。1点のリードをしっかり守り、優勝の瞬間を迎えた。
 
MF
8 脇坂泰斗 ―(89分IN)
4枚目の交代カードとして登場。中盤のバランスを崩さず、1-0のまま試合を終えた。
 
監督
鬼木 達 7.5
やはりマネジメント術は素晴らしく、前半は攻めるも得点を奪えないもどかしさを感じながら、勝ち切る采配で目標の複数タイトル獲得に成功! タイトルは4年連続で5つ目と勝負強さも圧巻で、名将と称せる成績。 
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 5.5
川崎とのリーグ戦(29節)は0-5で敗戦。その影響かこの日は守備時は5バックを敷いて川崎の攻撃を迎え撃った。前半は手堅く試合を進めるも、なかなか前に出られず。55分に失点すると、その1点を奪い返せずに0-1で敗れた。

【G大坂|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
1失点はしたが、彼のビッグセーブがなければさらに被弾は増えていたはず。同点弾を待ったが……。

DF
4 藤春廣輝 5(74分OUT)
粘り強く戦ったが、マッチアップした山根の攻撃参加にやや苦しんだ印象。スピードを活かして攻め上がった際もクロスを味方に合わせられなかった。

5 三浦弦太 5.5
ディフェンスリーダーとして最終ラインをコントロール。最後の一線で守っていたが、55分に上手く三笘に抜け出された。


 
19 キム・ヨングォン 5.5
前半にFKからヘッドで決めたシュートはオフサイドの判定。パスミスもあったが、守備では身体を張った。

27 髙尾 瑠 5.5
前半は三笘に激しく寄せてボールを奪う場面も。しかし失点シーンでは三笘に前に抜け出されてカバーが間に合わなかった。

MF
8 小野瀬康介 5.5(80分OUT)
前半は守備時は5バックの一角として高尾とともに三笘らに対応。1点のリードを許した後はより高い位置に出たが、決定的な仕事はできず。

10 倉田 秋 5.5
前半は5-4-1のサイドハーフのような位置で守備を行ない、パトリックのサポートも担う難しい役割。後半はボランチに下がって攻撃の組み立てを務めるも同点には導けず。

 
MF
21 矢島慎也 5.5
山本とダブルボランチを組んでボールを追った。主に相手の右サイドからの攻撃に対応したが、もう少しパスを散らしたかったか。

29 山本悠樹 5(74分OUT)
守田へのチェイシングなど前へプレスをかける意識も感じさせた。良いターンも見せたが、奪ったボールをもう少し丁寧につなぎたかった。

FW
18  パトリック 5.5
前半は孤立無援な時間が長く、なかなか攻撃につなげられず。後半はパワーを活かしたが、ゴールは奪えなかった。

33 宇佐美貴史 5
終盤に迎えたチャンスを仕留め切れず。この日は守備に追われる時間が長かったが、エースとしてチームを救いたかった。
 
交代出場
FW
39 渡邉千真 5.5(74分IN)
1点ビハインドの状況で投入される。チームメイトとともに終盤に川崎のゴールに迫るも、仕事は果たせず。

MF
14 福田湧矢 5.5(74分IN)
よくゴール前に顔を出したが、チャンスがあっただけに決めたかった。よく左サイドを走った点は評価したいが……。

FW
30 塚元 大 ―(74分IN)
右サイドからチャンスを覗う。ただ同点に追いつくゴールは導き出せなかった。

監督
宮本恒靖 5
5バック気味で試合に入り、守備を安定させたが、攻撃の形を構築できず。終盤はシステム変更と選手交代を駆使して猛攻につなげるも、結果を出せなかった。悔いの残る敗戦だろう。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)