アジア・サッカー界では「当代ナンバーワン」と言われているのが、韓国代表FWのソン・フンミンだ。

 現在28歳の快足アタッカーは、15年にレバークーゼンからトッテナム・ホットスパーに移籍してからというもの、そのスキルに磨きをかけ続けている。昨年末にはFIFAの選ぶ年間最優秀ゴールに与えられる『プスカシュ賞』を手にするなど、いまや多士済々のプレミアリーグでも指折りの実力者に成長した。

 そんな韓国代表FWが、トッテナムのトッテナム公式You Tubeチャンネルの企画『The Last Five』で、興味深い質問に答えている。

『The Last Five』は、その名の通り、最近スマートフォンに保存した写真5枚や最近聴いた音楽5曲など「5」に関連した質問からスターの考えや日常生活を紐解いていく企画だ。

 これに登場したソン・フンミンは、「もしも、誰とでも過ごせる5分が与えられるなら誰を選ぶか」と問われ、「あまりに多くて答えづらいね」と苦笑いを浮かべ、1分あまりの熟考の末に、あるスター選手の名を挙げた。

「やっぱりクリスチアーノ・ロナウドには会いたいかな」
 
 名立たるスターたちの中からポルトガルの英雄をチョイスした理由は何なのか。ソン・フンミンは、こう続けている。

「試合に向けてどう準備するかとかサッカーに関することはもちろん、サッカー以外の面でも話してみたいよ。みんなが知っているように、彼は僕からすれば、別世界の人だからね。会いたいと思うよ」

 昨年9月に韓国メディアの取材で、『最も好きなサッカー選手TOP3』を問われた際にも、「子どもの頃からロールモデルだから外せない」とC・ロナウドをピックアップしていたソン・フンミン。いまやアジア・サッカー界でナンバーワンの実力を誇る彼が、いつの日か「夢の出会い」を果たすことはできるだろうか。

【動画】プスカシュ賞の栄誉に! ソン・フンミンが決めた衝撃の「70メートル独走弾」はこちら!

構成●サッカーダイジェストWeb編集部