1月16日、札幌はオンラインイベント「キックオフ2021」を開催。新戦力らが登場して意気込みを語った。

 ミシャことペトロヴィッチ監督体制、4年目となる新シーズンは、早坂良太、石川直樹が現役引退し、DF進藤亮佑がC大阪に移籍するなどしたが、ここまで10人の新戦力を獲得。

 FWにはナイジェリア代表でもあるガブリエルを補強したほか、明治大から小柏剛、国見高から中島大嘉と、ふたりのルーキーを加えた。

 さらに中盤には小野伸二が1年半ぶりに琉球から復帰し、天才肌のアタッカー青木亮太も名古屋(昨季後半は大宮でプレー)から加入。

 また最終ラインには昨季、J2群馬の最終ラインを支えたCB岡村大八、ユーティリティの柳貴博(FC東京から。昨季は仙台でプレー)、レンタルバックとなるCB中村桐耶(Honda FCから)が加わり、GKにも新潟から大谷幸輝、ルーキーの中野小次郎(法政大)を迎えている。

 多くの注目を集めるMF小野は「また素晴らしい環境でサッカーができます。そこですね」と復帰の理由を語り、「若いチームであると思うので、自分の考え方が少しでも伝われればと考えています。簡単に試合に出られる状況ではないですし、素晴らしい選手がいるので、トレーニングで競い合って、そこを勝ち抜いてプレーできる環境を自分で作りたいです」と意気込んだ。
 またMF青木は「攻撃的なチームだと思いますし、足もとの技術の高い選手が揃っていると思いますので、連係が取れれば良いサッカーができるはずです」と想いを語れば、DF岡村は「1対1に自信があるので、そこを見てもらいたいです」、DF柳も「対人の強さ、1対1で負けない強さがあります」とアピール。

 浦和時代にペトロヴィッチ監督の指導を受けた経験のあるGK大谷は「ビルドアップの部分でしっかり関われるように。シュートを止める部分も見せたいです」とコメントした。

 一方で、同日にはオーストリアに帰国中の指揮官が現地時間の1月2日に転倒によって左大腿骨を骨折し、入院していることが発表され、同18日からスタートする沖縄キャンプでは、ペトロヴィッチ監督不在の期間、四方田修平コーチを中心に活動を行なうこととなった。

 所属14年目を迎える宮澤裕樹は「ミシャの身体が心配ですし、選手一同、早く戻ってきてほしいと願っております。僕らはミシャが安心するように、一丸となって良い雰囲気でトレーニングしていきたいです」と前を向いた。
■2021年シーズン選手一覧(★=新加入選手 ※=レンタルバック)
GK
1 菅野孝憲
21 阿波加俊太
22 大谷幸輝★
34 中野小次郎★

DF
2 田中駿汰
3 柳 貴博★
5 福森晃斗
20 キム・ミンテ
24 中村桐耶★※
50 岡村大八★

MF
6 高嶺朋樹
7 ルーカス・フェルナンデス
8 深井一希
9 金子拓郎
10 宮澤裕樹
14 駒井善成
18 チャナティップ
23 中野嘉大
27 荒野拓馬
28 青木亮太★
44 小野伸二★

FW
4 菅 大輝
11 アンデルソン・ロペス
26 ガブリエル★
33 ドウグラス・オリヴェイラ
35 小柏 剛★
45 中島大嘉★
48 ジェイ