1月20日時点で加入が発表されたのは、レンタルバックの小林友希と増山朝陽を除けば5人と少ない。守備陣は懸念で、西大伍とダンクレーという主力DFの退団が痛手に映る。

 それでも注目したいのが、新たにフラメンゴから獲得したU-20ブラジル代表FWリンコンだ。今年はコロナ禍の影響で助っ人の交渉が難航し、セネガル代表FWのエムバイェ・ディアニェ獲得の噂は立ち消えた模様。それでも二転三転の末に獲得に至ったリンコンは、「セレソンの次世代エース」とも呼ばれる超逸材である。古橋亨梧、ドウグラスとの3トップは強力で、攻撃は大幅にスケールアップするはずだ。

 一方で、イニエスタは右太ももの怪我で3月中旬まで離脱が濃厚。新加入のMF井上潮音が開幕スタメンを飾るかもしれない。同じ東京五輪世代の安井拓也、郷家友太ら既存戦力の奮起にも期待が懸かる。
最新移籍動向(1月20日現在)
【加入】
FW リンコン(20) ←フラメンゴ/BRA(完全移籍)
MF 井上潮音(23) ←東京V(完全移籍)
MF 増山朝陽(23) ←福岡(レンタル復帰)
MF 櫻井辰徳(18) ←前橋育英高(新人)
DF 櫻内 渚(31) ←磐田(完全移籍)
DF 小林友希(20) ←横浜FC(レンタル復帰)
GK 廣永遼太郎(31)←広島(完全移籍)
※BRA=ブラジル

【退団】
FW 小川慶治朗(28)→横浜FC(完全移籍)
DF 西 大伍(33) →浦和(完全移籍)
DF 渡部博文(33) →山口(完全移籍)
DF ダンクレー(28)→未定
DF 藤谷 壮(23) →北九州(完全移籍)
GK 吉丸絢梓(24) →北九州(完全移籍)

※『サッカーダイジェスト』1月28日号(同14日発売)より一部修正して転載

文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)