2月3日、J1クラブで最後に柏レイソルが始動した。夕方には新体制発表会をファンクラブ会員『アソシエイツ』を限定にYouTube上で配信。2000人近くのファン・サポーターが見守る中、2021シーズンの幕を開けた。

 冒頭にマイクを握ったネルシーニョ監督は「今シーズンは昨シーズン以上に良いシーズンを過ごしたい」と意気込み、「少しでも早くサポーターがスタジアムに戻って来られる日を祈っている。昨年以上に勝利に満ちた1年になるように、1つでも多く勝利を分かち合えるように準備したい」と画面越しに声援を送る多くのサポーターにメッセージを届けた。その後、新加入4選手とフォトセッションを行ない、そこではお馴染みの『VITORIA』のスローガンが発表された。

 続いて行なわれた新ユニホーム発表では福岡からレンタル復帰したDF上島拓巳が真っ白いセカンドユニホームを着てサプライズで登場。「身が引き締まる思い。強くなって帰ってきました」と覚悟を示し、「今年こそは柏レイソルにタイトルをもたらせるように貢献していきたい」と強い口調で語った。
 
 会の後半には事前にサポーターから受け付けた質問に新加入選手たちが回答。ピッチ外での話題など思わぬ素顔も見られた場面もあったなか、市立船橋高出身の椎橋慧也は「地元に帰ってきて家族がすごく喜んでくれた」と明かし「レイソルは勝ち方を知っていて勝者のメンタリティがある」と柏の印象を話した。

 また「小学生の時は父親とよく試合を観に来ていてスクールにも通っていた」と思い出を語ったのは柏市の隣街でホームタウンでもある我孫子市出身のイッペイ・シノヅカだ。珍しい形での“古巣復帰”については「諦めなければ目標が叶うことを証明したい」と自らを鼓舞しながら子どもたちにエールを送った。

 そして約1時間の会の最後には新型コロナウイルスの影響で来日が遅れているドッジ、アンジェロッティの両ブラジル選手から届いたメッセージが流れ、ようやく今シーズンを戦う全選手が“集結”。開幕まで約1か月の期間でチームを仕上げていくこととなる。

取材・文●須賀大輔(フリーライター)
 
2021年シーズン選手一覧
★印は新加入選手、◇印は背番号変更

3 高橋祐治(DF)
4 古賀太陽(DF)
6 高橋峻希(DF)
7 大谷秀和(MF)
8 ヒシャルジソン(MF)
9 クリスティアーノ(FW)
10 江坂 任(MF)
11 マテウス・サヴィオ(MF)◇
13 北爪健吾(DF)
15 染谷悠太(DF)
16 滝本晴彦(GK)
17 キム・スンギュ(GK)
18 瀬川祐輔(FW)
19 呉屋大翔(FW)
20 三丸 拡(DF)
21 佐々木雅士(GK)★柏U-18から昇格
22 ドッジ(MF)★
24 川口尚紀(DF)
25 大南拓磨(DF)
26 椎橋慧也(MF)★
27 三原雅俊(MF)
28 戸嶋祥郎(MF)
29 アンジェロッティ(MF)★
31 イッペイ・シノヅカ(MF)★
33 仲間隼斗(MF)
35 細谷真大(FW)
36 山田雄士(MF)
37 鵜木郁哉(MF)
38 大嶽拓馬(DF)★柏U-18から昇格
39 神谷優太(FW)
44 上島拓巳(DF)★福岡からレンタル復帰
46 松本健太(GK)
50 山下達也(DF)