現地時間2月4日、スペイン・メディア『FICHAJES FUTBOL』が「久保建英がヘタフェのおかげで笑顔を取り戻す」と題した記事を掲載した。

『FICHAJES FUTBOL』は、この19歳の日本代表MFを「若いにもかかわらず、ものすごく成熟しており、精神的なタフさがある」と紹介。マジョルカで輝いた後、ビジャレアルで注目される存在になるという挑戦を受け入れたが、ウナイ・エメリ監督のチームには居場所はなかった、と綴った。

【動画】久保建英が激しいマークに遭いながらも奮闘!最新試合のプレーをチェック
 
 だが、今冬に移籍したヘタフェでは、ホセ・ボルダラス監督の下で、「たった4試合で、期待をはるかに上回るものを生み出している」と称賛。指揮官も「クボが技術的クオリティを備えたスペシャリストであることに満足だ、と何度も表明している」と伝えた。

 そして、「エメリのせいでビジャレアルでは得られなかったプレー機会を楽しんでいる」と前所属の指揮官への皮肉を交えながら、久保の“復活”を報じている。

 まずは新天地で好スタートを切った日本の至宝は、6日に行なわれる強豪セビージャとの一戦で、今シーズンのリーガ初ゴールを奪えるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】見事なボールタッチは必見! 久保のパスカットから始まった衝撃の18秒弾はこちら

【久保建英PHOTO】ヘタフェ加入後、存在感を示す久保の厳選ショットを一挙紹介!