2月26日に、いよいよJ1リーグの新シーズンが幕を開ける。コロナ禍の影響もいまだ色濃く残るなか、オリンピックイヤーとなる2021シーズンを制するのはいったいどのチームか。横浜、G大阪、柏の監督を歴任し、横浜マリノス(当時)監督時代にはリーグ優勝も経験する早野宏史氏に、今季の順位を予想してもらった。

●早野宏史(元横浜監督ほか)
昨季のチーム成績をベースに移籍市場の動きも考慮しての順位予想。5人交代枠の継続を踏まえれば選手層の厚さがモノをいうはずで、今季も同じ展開になりそうだ。ACLの負担は加味しなかった。「本当に開催できるの?」と思っていて、不確定要素は今回排除した。
 
●順位予想
1 川崎
2 G大阪
3 鹿島
―▲ACL出場圏内―
4 名古屋
5 広島
6 FC東京
7 横浜
8 浦和
9 C大阪
10 柏
11 横浜FC
12 神戸
13 札幌
14 清水
15 鳥栖
16 仙台
−▼自動降格圏内―
17 大分
18 湘南
19 福岡
20 徳島

構成●サッカーダイジェスト編集部