2021年シーズンの到来を告げる富士ゼロックス・スーパーカップが2月20日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、川崎が3対2で勝利を収めて今季初タイトルを手にした。

 昨シーズンにリーグ戦と天皇杯の2連覇を達成した川崎フロンターレと、リーグ戦2位のガンバ大阪の対戦は、序盤から互いにアグレッシブな姿勢で攻め合った。

 白熱した攻防が続いた前半、均衡を破ったのは川崎だった。再三G大阪守護神の東口順昭の好守に決定機を阻まれていた川崎だったが、29分に敵陣バイタルエリアでボールをキープした田中碧から、パスを受けた三笘が抜け出すと、そのままドリブルで持ち込み右足で流し込んだ。三笘の2021年シーズンJ公式戦ファーストゴールで川崎が先制する。

 さらに川崎は32分、左サイドからのクロスを山根視来がボレーで狙うと、シュートの延長線上にいた三笘が右足で押し込み2点目。VARチェックも入ったが、ゴールが認められて川崎が2点をリードする。前半は川崎の2点リードで終了した。

 しかし後半、G大阪が反撃。前線へのくさびのボールが入り始めたG大阪は次第に敵陣へと押し込んでいくと60分、中央の混戦から矢島慎也が胸トラップからハーフボレーでねじ込み1点差に迫る。さらに、G大阪は67分、川崎修平のパスが山根のハンドを誘い、PKを獲得。これをパトリックが豪快に右足で蹴り込み、同点に追いついた。

 試合はその後、G大阪が新加入のレアンドロ・ペレイラ、チアゴ・アウベスら切り札を投入すれば、川崎も小林悠、長谷川竜也と攻撃のカードを切り勝負に出る。しかし、ともにチャンスを迎えるも生かすことができず、勝負はPK戦へ持ち込まれるかに思われた。

 だが後半アディショナルタイムの残り1分、川崎はカウンターから小林悠が劇的な決勝弾。川崎がこのまま逃げ切り、3-2で勝利。川崎が2年ぶりにゼロックス・スーパーカップを制覇した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【スライドショー】三笘が2発!パトリックの同点弾、そして小林が劇的な決勝点!

【映像】マスコット投票!ランキングベスト10

【ゼロックススーパーカップPHOTO】三笘のさっそく2ゴールと躍動! 川崎が2点リードで後半へ…