[ゼロックス杯]川崎3-2G大阪/2月20日(土)/埼玉スタジアム2002

 昨季のJ1リーグと天皇杯の二冠王者が、さすがの勝負強さで富士ゼロックス・スーパーカップを制覇。シーズン開幕に向けて価値ある勝利を飾った。

【ハイライト動画】小林悠の劇的な決勝弾! 川崎が2021年一発目を勝利で飾る

 2020年シーズンのリーグ戦開幕に先駆け、川崎フロンターレはガンバ大阪と対戦。試合は川崎がボールを握ると、29分に左サイドで田中碧との連係から三笘薫が先制ゴールを挙げ、さらに32分にも三笘が追加点を決めて2点差とする。しかし、後半に入り攻守に渡って勢いが増してきたG大阪に2ゴールを奪い返され、追いつかれてしまう。

 その後もテンポよくパスを回す川崎だったが、なかなかシュートに持ち込めず苦しい展開が続いた。それでも試合終了間際の90+6分、遠野大弥のラストパスを相手DFの背後で受けた途中出場の小林悠が、右足を振り抜いてサイドネットを揺らし、劇的な決勝弾。エースがしっかりと役割を全うした川崎が、まずはひとつ目のタイトルを手にした。
 
“1試合3得点” を今シーズンの目標に掲げる鬼木達監督は、「本当に良いゲームだった」と満足気に試合を振り返り、一方で失点については反省の色も覗かせた。

「まず、今年初めての公式戦で勝つことを目標にやっていたなかで勝利できたことはすごく良かったです。ですが、2点取られて追いつかれたところに反省はある。公式戦ならではの相手のプレッシャーを受けてミスもあったが、怖がらずにやればチャンスも生まれると思います。いろんな選手に怖がらずに絡んでいきなさいと話していますし、ポジティブに捉えていきたいと思っています」

 追いつかれながらも、勝負強さを見せて勝ち切った川崎。リーグ連覇とACL制覇を狙うチームにとって、今シーズンの行方を占う試金石となる一戦で得たものは大きい。

「最後まで3得点を目指し続けてくれたことが一番良かった。最後までハードワークをし続けないと難しいことも選手たちは分かったと思うので、そこが収穫かなと思います」

 さらなる高みを目ざし、王者は成長を続ける――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【ゼロックススーパーカップPHOTO】川崎 3−2G大阪|2点を追いつかれた川崎が小林の劇的勝ち越しゴールで勝利! G大阪はまたもや準優勝に…

【スライドショー】三笘が2発!パトリックの同点弾、そして小林が劇的な決勝点!

【映像】マスコット投票!ランキングベスト10