現地時間2月23日、チャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16第1レグのアトレティコ・マドリー対チェルシーが、コロナウイルスの影響で、中立地のブカレスト(ルーマニア)で開催された(前者のホームゲーム扱い)。

 立ち上がりから高い位置でプレッシャーをかけたアトレティコは15分、ボール奪取したスアレスが右サイドから送り込んだパスにルマールが飛び込むが、合わせるがやっとでゴールには至らない。

 その後はチェルシーがボールを支配。39分にはマウントからエリア内でパスを受けたヴェルナーがサビッチを振り切って左足で狙うも、GKオブラクにセーブされる。

 後半もチェルシーが押し込み、アトレティコがカウンターを狙う展開。迎えた71分、アウェーチームは、マルコス・アロンソが送り込んだクロスのこぼれ球をCFジルーがオーバーヘッドシュートでネットを揺らす。

【動画】衝撃のゴールが炸裂!ジルーのオーバーヘッド弾はこちら

 当初はオフサイドが宣告されたものの、1分以上のVAR検証の末にこのゴールが認められ、チェルシーが貴重なアウェーゴールで均衡を破る。

 試合はこのまま0−1で終了。アトレティコの堅牢をこじ開けたチェルシーが敵地で貴重な白星を挙げた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部