レアル・マドリーは、キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)やアーリング・ハーランド(ドルトムント)の獲得を狙っているのは、もはや周知の事実だ。ただ、マドリーの専門メディア『Bernabeu Digital』によれば、コロナ危機により2億ユーロ(約250億円)近い損失が発生しており、大型補強をするのは容易ではない。

 そこで重要になるのが、レンタル組だ。マドリーは昨夏も新戦力の獲得はゼロで、GKアンドリー・ルニン(←オビエド)、DFアルバロ・オドリオソラ(←バイエルン)、MFマルティン・ウーデゴー(←レアル・ソシエダ)のレンタルバックが事実上の補強となった。

 2月23日、現地メディア『El Desmarqu』のマドリー版は、「夏の(ジネディーヌ・)ジダン監督とフロレンティーノ(・ペレス)会長の問題。レアル・マドリーの“最も安い”補強は複雑だ」と題し、レンタル組9人の現状をレポートしている。

【動画】現地メディアが称賛!スペイン代表FWを翻弄した久保建英の超絶テクニックはこちら(2分〜)
 
 紹介されたのは、ガレス・ベイル(トッテナム)、ヘスス・バジェホ(グラナダ)、ボルハ・マジョラル(ローマ)、ダニ・セバジョス、マルティン・ウーデゴー(ともにアーセナル)ブラヒム・ディアス(ミラン)、レイニエール(ドルトムント)、ルカ・ヨビッチ(フランクフルト)の9人。

 記事は、「来シーズンにマドリーの一員となる資格があると思われる選手はほとんどいない」と厳しい見方をしている。

 今冬にビジャレアルからはヘタフェへレンタル先を変えた久保については、次のように伝えている。

「レアル・マドリーが(ビジャレアルの指揮官)ウナイ・エメリがチャンスを与えないことにうんざりし、ヘタフェへ変更した。良いスタートを切ったにもかかわらず、ホセ・ボルダラス監督が従来の守備重視のメンバーで戦うことにプランを変えたため、日本人は再びスタメンの座を失った」

 他のレンタル組も決め手を欠くなか、残りのシーズンで結果を残せれば、マドリー帰還へのアピールとなる。それだけに、定位置の座を奪回したいところだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部