[J1・1節]広島1−1仙台/2月27日(土)/Eスタ

【チーム採点・寸評】
広島 5.5
立ち上がりからボールを保持して主導権を握り、カウンターで相手の退場を誘った後に先制点を奪取。いい展開で進めていたが、追加点が奪えなかったことが響いた。

【広島|採点・寸評】 
GK
38 大迫敬介 5.5
試合終盤も集中してセットプレーにも冷静に対処。最後の失点も自責はないが、失点してはいけない試合だった。

DF 
2 野上結貴 5.5
高い位置を取って攻撃に厚みを出したが、浅野との連係はもっと良くしたい。失点シーンは関口にドリブルを許してしまう。
 
4 荒木隼人 5.5
失点シーンはこぼれ球に反応しきれず赤崎にシュートを許す。対応に問題があったわけではないが、食い止めたかった。
 
19 佐々木翔 5.5
カウンターの起点をつぶすシーンも多く、落ち着いて試合を運んでいたが、試合の締め方に課題を残すことに。
 
24 東 俊希 6.0(87分OUT)
自在にポジションを取って攻撃に関わっていく。守備でもマルティノスをハードにマークした。
 
MF
29 浅野雄也 5.5(90+2分OUT)
攻から守への切り替えを速くして貢献したが、フィニッシュに関わっていく場面を多くできなかった。
 
8 川辺 駿 6
質の高いプレーを続けて主導権を握る。後半は追加点を奪いに行ったが、奪い切れなかった。
 
6 青山敏弘 6
川辺とともにボールを左右に動かしながらゲームをコントロールして進めたが、最後の時間帯は仙台にボールを持たれてしまった。
 
10 森島 司 5.5(90+2分OUT)
守備のタスクはしっかりと勤めていたが、ゴールへ向かうプレーはできず。脅威は乏しかった。
FW
9 ドウグラス・ヴィエイラ 5.5
ボールを収めてJ・サントスの突破力を引き出すも決定力は欠く。面白い2トップになりそうな予感はあった。
 
37 ジュニオール・サントス 6(76分OUT)
強引にでも前へ向かってプレーし、退場を招いて先制点をゲット。持ち味を発揮できていた。
 
交代出場
18 柏 好文 −(76分IN)
限りなく得点に近いチャンスを生み出したが、結果的に追加点を奪えず。チームを勝利に導けなかった。
 
33 今津佑太 −(87分IN)
左サイドバックとして87分にピッチに立ったなか、関口のシュートをブロックしたこぼれ球が失点に。責められないが、悔やまれる。
 
14 エゼキエウ −(90+2分IN)
同点にされた直後に出場。追加点を奪うためにもっと早く投入しても良かったのではないか。
 
23 鮎川 峻 −(90+2分IN)
Jデビューを飾る。右足のシュートでゴールを狙ったが、ヤクブ・スウォビィクの好セーブにあう。
 
監督
城福 浩 5
2点目を奪えず、リードを守り切れなかった。試合運びの課題が露呈して2021年をスタートすることに。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
仙台 6
S・マテの退場により数的不利で長い時間を戦ったが、チームは一体感を持って我慢強く戦い、最後に勝点1を掴み取った。

【仙台|採点・寸評】
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 6.5
後半はビッグセーブを連発。特に86分の東俊希のヘディングを止めたセーブはすごかった。

DF
4 蜂須賀孝治 6
J・サントスが流れてくると危ない場面もあったが、マルティノスと協力して粘り強く守った。
 
5 アピアタウィア久 5.5
不用意な対応がS・マテの退場に繋がってしまったが、後半はゴール前で良く踏ん張って失点を許さなかった。
 
23 シマオ・マテ 5
抜け出したサントスを倒して一発退場。時間帯を考えても、GKがいることを踏まえても、我慢した方が良かったか。
 
2 秋山陽介 5.5(79分OUT)
浅野の後ろから野上が上がってきて苦しい対応を強いられたが、深い位置まで入り込まれても粘り強く対応。
 
MF
16 吉野恭平 6(87分OUT)
S・マテが退場してからはCBを務めて何とか1失点に抑えた。古巣相手に意地を見せた試合になった。
 
6 上原力也 6
守る時間が本当に長く持ち味を発揮できたとは言えないが、よく足を動かしてタフに戦えるところを見せた。
MF
20 マルティノス 5.5(87分OUT)
スピードに乗って相手に脅威を与えることはできなかったが、守備をサボらずやってチーム力になる。

MAN OF THE MATCH
7 関口訓充 6.5
ポジションがどこでもチームのために奔走し、最後の最後に力を振り絞ってゴールへ向かい勝点1をもたらした。
 
32 氣田亮真 5.5(HT OUT)
ボールを前へ運ぼうとしても、フォーローがなく潰されていた。J1デビュー戦は苦い経験に。

FW
19 皆川佑介 5.5(62分OUT)
相手に怖さを与えることはできなかったが、それは致し方ない。もっとカウンターの起点にはなりたかった。
 
交代出場
MF
8 松下佳貴 6(HT IN)
後半から出場。攻撃時間を増やすことはできなかったが、ボックス内にも入ってゴールを守った。

MF
14 石原崇兆 5.5(62分 IN)
最初はサイドハーフで出場し、途中からサイドバック。柏に危険な場面も作られるなど、難しい状況が続いた。

DF 
25 真瀬拓海 −(79分IN)
ピッチに立ってから徐々に攻撃時間が増えていく。チームにパワーをもたらすことができた。

DF 
13 平岡康裕 −(87分IN)
吉野が足を攣ったことで出場。ベンチに背番号13が控えているのは頼もしい。

FW 
11 赤﨑秀平 −(87分IN)
難易度は高くないゴールだったが、ワンチャンスをしっかりと仕留める重要な仕事をやってのけた。
 
監督
手倉森誠 6.5
割り切った戦いをチームに徹底させ、自らが描いた同点のシナリオ通りに試合を運んでみせた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェスト編集部