J2リーグは2月28日、第1節の9試合を各地で開催した。磐田が琉球に敗れ、京都は終盤の2ゴールで白星発進。昇格組2チームは黒星スタートとなった。また、松本の田中隼磨と山口の新保海鈴による親子対決はピッチ上で実現しなかった。

 荒天の沖縄で対戦したFC琉球とジュビロ磐田の対戦は、開始1分にホームチームが勢いで押し込み、池田廉のゴールで先制する。その後は一方的とも言って良い程、アウェーの磐田に攻め込まれるが、懸命な守備でこれを防ぐ。遠藤保仁の前半アディショナルタイムのシュートはクロスバー、70分の直接FKはポストを叩くなど運も味方につけ1点を守り切った琉球がホーム開幕戦を勝利で飾った。

 昇格組のSC相模原は、曺貴裁新監督率いる京都サンガF.C.をホームに迎えた。京都の猛攻を凌ぎ、終盤まではスコアレスで拮抗した展開に持ち込むものの、82分にCKからヨルディ・バイスに、続く85分には強烈なミドルシュートを三沢直人に決められ、0-2で開幕戦を白星で飾ることができなかった。

 昨季J3リーグを優勝したブラウブリッツ秋田はザスパクサツ群馬のホームに乗り込む。開始4分にCKから群馬の渡辺広大にヘディングシュートを決められるものの、24分に齋藤恵太がボレーシュートを決めて同点に追いつく。その後も互角の戦いを見せるが、83分に群馬の加藤潤也にゴールを決められ万事休す。1-2と突き放され試合終了を迎えた。
 
 J史上初となる親子対決にも注目が集まったレノファ山口FCと松本山雅FCの対戦は、先発した父・田中隼磨(松本)が58分にピッチを後にし、ベンチ入りしていた実子・新保(山口)の出場は無くピッチ上で対峙することは無かった。試合は、両チーム決定機を決め切れず0−0の引き分けに終わっている。

 そのほか、大宮が水戸に2−1で逆転勝ち、岡山は敵地で栃木を2−0と下し、東京Vはホームで3−0と愛媛に勝利している。千葉対甲府、町田対山形はそれぞれ1−1のドローで開幕戦を終えた。

 J2リーグ第1節の結果は以下の通り。

【2月27日開催】
北九州1−4新潟
長崎2−1金沢

【2月28日開催】
相模原0−2京都
水戸1−2大宮
栃木0−2岡山
群馬2−1秋田
千葉1−1甲府
町田1−1山形
東京V3−0愛媛
琉球1−0磐田
山口0−0松本

構成●サッカーダイジェストWeb編集部