[J1リーグ1節]福岡1-2名古屋/2月28日(日)/ベスト電器スタジアム

 5年ぶりのJ1初戦に臨んだアビスパ福岡は、終盤に1点こそ返したものの、なかなか流れのなかで決定機を作り出せず敗戦。課題が浮き彫りとなった開幕ゲームとなった。

 昨季はクラブをJ1昇格へと導き、福岡での2年目のシーズンを迎えた長谷部茂利監督は、優勝候補とも呼び声高い名古屋グランパスとの一戦をこう振り返った。

「前後半の立ち上がりに自分たちのしたいことを名古屋さんにやられて、失点もして、本当に流れの悪い試合になってしまいました。ただ、最後まで自分たちが何もできなかったわけではなく、少し糸口を見つけられたかなと思います。ボールの動かし方や、守備のところはハマらないところが多く、そういう意味ではまだまだ課題がたくさんあります」
 
 終盤こそ決定機を作ったものの、試合を通じて名古屋のペースだった。ボールを保持しても中盤で奪われ、アタッキングサードに攻め込む機会は少なく、逆に先制点の場面に象徴されるように相手の素早いカウンターに翻弄された。

「(名古屋とは)やはりスピード、技術、このふたつが違いました。J2とはだいぶ違う凄さというか、高いレベルだなというふうに感じました。得点を決めた選手(マテウス)がどれだけの能力かっていうのは、分かっていました。ただ、それ以上に選手がビックリした。それぐらいスピードがあり、上手だったというふうに感じたと思います」

 福岡は今季の目標を“10位以内”と設定している。「簡単ではありませんが…」としながらも指揮官は、勝点の積み重ねが重要であると強調。「そこに持っていくためには、もっと有効なチーム戦術を考えていかないといけない」と、J1定着を目指し、戦術の変更も示唆した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第1節PHOTO】福岡1−2名古屋|福岡の猛攻に遭い1点差に詰め寄られるも…マテウス2発で名古屋が開幕戦勝利!

【PHOTO】試合を盛り上げたアビスパ福岡オフィシャルチアリーダーズを特集!