選手5名・スタッフ1名の新型コロナウイルス感染が判明したガンバ大阪が、今後の活動の詳細を発表。“試合開催の再開は可能”として、3月10日の第3節・大分トリニータ戦へ向けて準備を進めていくことを報告した。

 G大阪は3日に行なわれる予定だった11節のアウェー名古屋グランパス戦の直前に、トップチーム所属選手4名とクラブスタッフ1名が、新型コロナの陽性判定を受けたことを発表。急遽試合は中止となり、その後新たに選手1名の陽性が判明したこともあり、現時点で感染の影響範囲を確認できていないことから、6日に予定されていた2節・鹿島アントラーズ戦の中止も決定していた。

 そんなG大阪は5日に、「今後のガンバ大阪の活動について」と題したリリースを発表。追加で行なったPCR検査にて、フロントスタッフ、アカデミースタッフ、スタジアム関係者に関しては全員が陰性だったとし、クラブ自体の活動を同日より再開していることを報告した。

 トップチームの活動については、いまだ濃厚接触者と感染経路の特定がされていないため、「濃厚接触者が特定されるまではトップチームは自主トレーニングのみとし、チーム全体での活動は休止しております」としている。
 
 また保健所との協議の結果、「陽性者ならびに濃厚接触者の特定と隔離、また感染予防策のさらなる徹底を図ることで、チームの活動ならびに試合開催の再開は可能であるとの方向性が示されました」と報告。それを受けてクラブは現時点では、3月10日に開催される第3節・大分トリニータ戦へ向けて準備を進めていくとの声明を発表した。

 代表取締役社長の小野忠史氏は、今回の事象について、「多大なるご心配とご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。より一層の感染症対策を講じ、安心・安全な試合開催に向けて取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます」とコメントを発表。改めて感染対策の徹底に努めていくことを強調した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部