大久保嘉人が止まらない。柏との開幕戦で1得点、続く川崎戦では2得点、その3日後のFC東京戦でも1得点と、3戦4発のハイパフォーマンスを見せている。

 直近のFC東京戦では、巧みな動き出しでゴール前に侵入し、坂元達裕からの浮き球のパスをヘッドで合わせてゴールネットを揺らす。これでJ1通算189得点目。もちろん断トツの数字だ。

 このゴールをYou TubeのJリーグ公式チャンネルがピックアップ。「絶妙な飛び出しから開幕3戦連発となるダイビングヘッドを叩き込む!」と題して投稿されると、多数のコメントが寄せられた。
 
「まさかの全盛期到来」
「3試合で4点やから 40点は決めるペースだな オルンガ超えるね」
「動き出しが完璧すぎ」
「大久保嘉人恩返し全国ツアー開催」
「カタールW杯のエースがやっと出てきた」
「Jのディ・ナターレになるんかな?」
「ポジション取りうまっ!!」
「当たってるか当たってないかじゃない、そこに大久保がいたかいなかったかだ(?)」

 200ゴールまであと「11」。大記録達成に向け、不屈のストライカーは着々と前進している。FC東京戦は悔しい逆転負けを喫したが、次こそはそのゴールで勝利を手繰り寄せたい。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J1第2節PHOTO】FC東京3−2C大阪|森重真人が決勝弾!大久保の3試合連続弾などで2失点するも、ホームのFC東京が逆転勝利!