[J1第5節]福岡1-0鹿島/3月17日/ベスト電器スタジアム

【チーム採点・寸評】
福岡 6.5
90分間を通しての集中力の高い守備が際立ったことに加え、機を見てすかさず攻撃に転ずる狙い通りの試合を展開。力の差を意識させられた時間帯もあったが、チーム力で鹿島の攻撃をしのいで2連勝を飾った。

【福岡|採点・寸評】
GK
31 村上昌謙 6.5
的確なコーチングで守備網を整備。終盤にはビッグセーブを見せて鹿島を零封。勝利に貢献した。

DF
3 エミル・サロモンソン 6.5
運動量豊富に上下動してサイドの主導権争いで奮闘。攻撃では貴重な決勝ゴールにつながるクロスを供給。

DF
5 宮 大樹 6.5
高さを生かして鹿島の攻撃を跳ね返した。終盤には決定的なシュートを身体を張って防いだ。
 
DF
13 志知孝明 6
スプリント回数でチーム1位、走行距離でチーム2位。攻守にわたって献身的なプレーが目立った。

DF
33 ドウグラス・グローリ 6
エヴェラウドを徹底マーク。持ち味である対人の強さを発揮して無失点勝利に貢献した。

MF
6 前 寛之 6
チームトップの運動量。中盤を広く動いて持ち味のボール奪取能力を発揮。チャンスの芽を摘んだ。

MF
15 カウエ 6(HT OUT)
前評判通りの中盤の守備能力の高さを見せ、鹿島の攻撃の芽を着実に積んだ。フル出場する日も近い。
 
MF
29 吉岡雅和 6(HT OUT)
サロモンソンと連係しながら、アグレッシブさを発揮してサイドの主導権争いで健闘した。

MF
16 石津大介 6.5(64分 OUT)
守備での献身性に加え、中へ絞ってボールを引き出して起点となり、チームのリズムを作った。

MF
7 重廣卓也 6.5(89分 OUT)
高い位置からボールを追って守備に貢献。後半は前と連係して中盤の守備を落ち着かせた。

FW
20 三國ケネディエブス 5.5(72分 OUT)
DFながら本職ではない1トップでプレー。FWとしては物足りなさが残るも、全力プレーが好印象だった。
 
途中出場
MAN OF THE MATCH
MF
37 金森健志 6.5(HT IN)
前節の徳島戦に続く2戦連発。見事なボレーシュートでチームに対鹿島15年ぶりの勝利をもたらす。

FW
11 山岸祐也 6.5(HT IN)
人を使って、人に使われる特長を生かして、勝負所で攻撃のリズムを作る。決勝ゴールをアシスト。

MF
19 田邉草民 6(64分IN)
勝負所での投入の期待に応えて攻撃面でリズムを作る。決勝ゴールの起点を作った。

DF
22 輪湖直樹 6(72分IN)
どちらに転ぶか分からない難しい時間帯に登場。労を惜しまぬプレーで完封勝利に貢献した。

DF
4 カルロス・グティエレス −(89分IN)
ゲームクローズのための守備固めとして登場。短い時間ながら集中力高くプレーした。

監督
長谷部茂利 6.5
鹿島相手に今季初の1トップを採用したことや、勝負所での選手交代に采配の妙が際立つ。
 
[J1第5節]福岡1-0鹿島/3月17日/ベスト電器スタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 6
大きな問題はなく、随所に鹿島らしさを発揮したが、関川の一発退場や、前半に和泉、後半には土居が怪我で交代になるなど多くのアクシデントが響いた。終盤の猛攻も相手の粘り強さの前に得点は生まれなかった。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 6
失点シーンは相手が上回った。正確なフィードなどトータルとしては落ち着きあるプレーを見せた。

DF
22 広瀬陸斗 6
守備はほぼ完ぺき。相手にほとんど裏を取らせなかった。積極的な攻撃参加でチャンスも作る。

DF
33 関川郁万 5.5
相手へのタックルで一発レッド。判定はやや厳しい感じもあったが、結果として退場処分になったことがゲームを難しくした。
 
DF
28 町田浩樹 6
相手の時間帯にも安定した守備は崩れず。失点シーン以外は何の問題もなかった。

DF
14 永戸勝也 6
堅い守備で相手のストロングポイントを押さえた。63分には高い位置へ走り込んで決定的なチャンスも演出。

MF
20 三竿健斗 6
ひとり少ない状況になりながらも全体をコントロール。チームが10人で戦っていることを感じさせないようなパフォーマンス。

MF
6 永木亮太 6(HT OUT)
三竿と連係しながら、やや低い位置でボールを受けてチームのリズムを刻んだ。
 
MF
13 荒木遼太郎 6(HT OUT)
前半だけのプレー。堅い守備を見せる福岡に対して積極的に仕掛ける姿勢を見せた。

MF
11 和泉竜司 6(30分OUT)
今季初スタメン。切れのあるプレーを見せていただけに怪我での交代は残念。もう少し見たかった。

FW
8 土居聖真 6(69分OUT)
個で打開するシーンを見せるなど力は見せていたが、後半途中に負傷交代。

FW
9 エヴェラウド 5.5(79分OUT)
チーム1位のスプリント回数を見せるなど現状を打開しようとしたが、10人での戦いの中では難しかった。
 
途中出場
MF
7 ファン・アラーノ 6(30分IN)
途中出場で右サイドでプレー。攻撃面の特長を出して相手にとって危険な存在であり続けた。

DF
39 犬飼智也 6(HT IN)
後半から出場。守備で安定感を与えた。アディショナルタイムのゴールはVARのチェックで変更となる。

MF
4 レオ・シルバ 6(HT IN)
中盤の存在感は抜群。ひとり少ないなかで、守備に攻撃にリズムを与えるプレーが頼りになった。

MF
27 松村優太 6(69分IN)
鋭いドリブルで左サイドを何度も突破。終盤の攻撃の中心となって相手を慌てさせた。

FW
19 染野唯月 −(79分IN)
エヴェラウドに代わってピッチへ。期待されたゴールはなかった。出場時間が短く採点なし。

監督
ザーゴ 6
拮抗する試合のなかで、選手交代も含めた相手監督との駆け引きは見応えがあった。多くのアクシデントが残念。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●中倉一志(フリーライター)