ビジャレアルでの前半戦も含め、今シーズンのラ・リーガでは、ゴールもアシストもなかったヘタフェの久保建英が、ついに目に見える結果を残した。

 3月21日に開催されたラ・リーガ第28節のエルチェ戦で、久保は7試合ぶりの先発出場。最初は4―2−3−1のトップ下で、25分過ぎあたりからはカルレス・アレニャとポジションを入れ替えて、右サイドハーフでプレーした。

 最大の見せ場がやってきたのが、0−1で迎えた60分だった。右サイドでアンヘル・ロドリゲスからパスを受けた日本代表MFは、対峙したコロンビア代表DFホアン・モヒカをあっさりかわして右足で絶妙のクロス。これを受けたFWエネス・ウナルが反転しながらのシュートでネットにネットを揺らし、同点ゴールを奪う。

 ヨーロッパリーグでは3つ記録しているが、ラ・リーガでは今シーズン初となった久保のアシストを大きく取り上げたのが、スペイン全国紙『AS』の電子版だ。

「並み外れた才能。これがクボだ」と見出しを付けて、動画付きでこのお膳立てを紹介。「エルチェとの対戦で彼の実力を証明した」とし、こう称賛した。

「日本人選手は7試合ぶりにスタメンに戻り、ヘタフェで最高のパフォーマンスだった。エネス・ウナルへのアシストは、ホセ・ボルダラス監督のチームを安心させた」

【動画】コロンビア代表DFを翻弄! 久保建英がマークした絶妙の今季初アシスト
 
 さらに、ボルダラス監督が試合の前日会見で「クボは並外れた選手だ。大いに助けになってくれると思うし、とても満足している」と語ったことに触れ、次のように続けている。

「クボには多くの期待が寄せられており、エルチェ戦で、ヘタフェに与えることができるものを示した。アトレティ・マドリーとの直近の試合で1分もプレーしなかった、そして6試合も先発がなかった日本人は、今回の決定的なパフォーマンスで、ボルダラスが彼に与えた自信に応えたのだ」

 クオリティの高さと違いを作れることを証明した久保。指揮官はインターナショナルウィーク明けのオサスナ戦で、この日本の至宝を再びスターターとして送り出すだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部  

【日本代表PHOTO】久保も選出! U-24アルゼンチン戦に臨む招集メンバー23人