3月21日に開催されたラ・リーガ第28節で、7試合ぶりに先発出場を果たしたヘタフェの久保建英は、60分に右サイドから仕掛けて、右足の絶妙なクロスで同点弾をお膳立て。ラ・リーガでは今シーズン初アシストをマークした。

 いい形でU-24日本代表に合流した19歳は、南米王者アルゼンチンとの2連戦でも持ち味を存分に発揮。板倉滉(フローニンヘン)とともに2試合連続でスタメン出場を果たし、2戦目で正確なCKから板倉の2ゴールをアシストしてみせた。

 復調というよりも、プレー時間を与えられれば結果を残せることを証明した久保は、3日に開催されるオサスナ戦(ラ・リーガ第29節)でも先発のチャンスを掴めるか。

【動画】絶妙の右足クロス!躍動した久保建英の今季初アシストはこちら
 スペイン紙『AS』はセカンドトップでのスタメンを予想。欠場の濃厚のMFネマニャ・マクシモビッチに代わって、カルレス・アレニャがダブルボランチの一角に下がると予測し、「クボへの扉を開く」と伝えた。だが、強行スケジュールとなるため、懸念も指摘している。

「クボは素晴らしい時を過ごしているが、7日間で2万5000キロを移動した。どんなに若くても、何かが彼を圧迫するだろう」

 また同じく全国紙の『MARCA』はベンチスタートを予想している。

 勢いに乗る日本の至宝をホセ・ボルダラス監督が2戦連続で先発起用するのか。注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保建英が強豪アルゼンチン戦でマークした2アシスト