“4度目の正直”でついに受賞を果たした。

 現地時間4月9日、ブンデスリーガが3月の「月間ベストルーキー」を発表。ビーレフェルトに所属する日本代表MF堂安律が、4度目のノミネートで初めて授与した。

 ファン、クラブ、専門家の投票によって決まる同賞で、堂安は昨年の10月、12月、今年の1月に続いて最終候補入り。ホッフェンハイムのアメリカ代表DFクリス・リチャーズ、ヘルタ・ベルリンのオランダ人DFデヨファイシオ・ゼーファイクを抑えて、最多票を獲得した。

【動画】スライディング弾や切れ味鋭いドリブルを披露!ブンデス公式が公開した堂安の受賞を伝える必見ムービー
 3月は4試合(先発3)に出場して1ゴール。ブンデスリーガ公式によれば、ゴールチャンスを5回創出し、1試合平均のスプリント数は31回と際立つスタッツを残した。

 この受賞にファンも興奮。堂安のスライディング弾や切れ味鋭いドリブルからのシュートなどのシーンを収めた動画とともに、リーグ公式SNSがこの報を伝えると、「当然だ」「おめでとう!」「偉大な選手だ」「イエス、イエス、イエス!」「素晴らしい仕事ぶりだった」「今夜の試合の良い兆候だ」といったコメントが寄せられている。

 27節終了時点で降格圏の17位に沈むチームを牽引している堂安。残り7試合で、昇格チームを残留に導くことができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部