現地時間4月10日、ブンデスリーガ第28節が行なわれ、長谷部誠と鎌田大地が所属する4位フランクフルトは、4ポイント差の3位ヴォルフスブルクと対戦し、4-3で勝利を収めた。

 鎌田はトップ下で先発し、1ゴール・1アシストで勝利に貢献。1点を奪われて迎えた8分に同点ゴールを決めると、2-2で迎えた54分にはアンドレ・シウバのゴールをアシストし、勝ち越し点を演出した。

 ブンデスリーガ公式はこの勝利を「スペクタクルな勝ち星」と称え、マン・オ・ザ・マッチに鎌田を選出。「序盤の失点からすぐにアイントラハトを立ち直らせるゴールを決め、A・シウバの決勝点をも手掛けて見せた。さらに、この日本人選手はチームで最も多くのデュエルを行ない(32回)、勝利に貢献した」と寸評を添えている。
 
 また、ドイツ紙『BILD』は「アイントラハトはプレミアクラスに確かに近づいている」とCL出場権に迫る勝利と称えたうえで、採点でA・シウバと鎌田に最高評価の「1」を与えた。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

 そして、アディ・ヒュッター監督も背番号15の働きを名指しで絶賛している。

「非常に見応えのある試合になったと思う。この上位対決を制することができたのはとても喜ばしい。デュエルの激しいゲームだったが、お互いに遊び心も観ることができた。勝負の分かれ目となったのは、先制された後に、すぐに同点に追いついた点だと思う。そういう意味で、鎌田大地は今日のベストマンだった。重要な同点ゴールを決めただけでなく、走る意欲やタックルの強さも、非常に良かった」

 ブンデスリーガは残り6試合。フランクフルトは次節、17日にボルシアMGと対戦し、20日にアウクスブルクとの対決が控える。今シーズンの記録を通算5ゴール・13アシストに伸ばした鎌田は、今後もチームの勝利を左右する存在と言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】大一番で躍動! 鎌田大地、圧巻のゴール&アシストはこちら