現地時間4月11日、プレミアリーグ第31節が開催。トッテナム・ホットスパー・スタジアムでは、7位のトッテナムと2位のマンチェスター・ユナイテッドが激突した。

 最初のチャンスを作り出したのはユナイテッド。17分、対角の長いパスをゴール前で受けたポグバからカバーニへと繋がり、最後はラッシュフォードがペナルティエリア右から右足を振り抜くが、相手DFのブロックに遭い、モノにすることができない。

 33分には、ポグバからの絶妙な股抜きパスをペナルティエリア内で反応したカバーニが冷静にフィニッシュ。ゴールネットを揺らすが、直前のプレーでマクトミネイがソン・フンミンにファウルを犯したとして、VAR検証の末にノーゴールとなる。

 すると40分、失点を免れたトッテナムが先制点を奪う。ケインのワンタッチパスを受けたルーカスが右サイドから折り返し、フリーのソン・フンミンが左足で難なく流し込んだ。韓国代表のエースは、リーグ戦では2月のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦以来の一発で、今シーズン14点目となった。前半はホームチームが1点リードして終える。
 
 後半は1点ビハインドのユナイテッドがやや押し込む展開が続き、迎えた57分、細かくパスを繋ぎエリア内に侵入したカバーニのシュートはGKロリスに弾かれるも、最後はこぼれ球に反応したフレッジが詰めて、同点ゴールを奪う。

 これで勢いに乗ったユナイテッドは、67分に勝ち越しのビッグチャンス。ブルーノ・フェルナンデスの折り返しにポグバがゴール至近距離からヒールで合わせるが、相手DFのブロックに遭い、決定機を逃してしまう。

 アウェーチームの攻勢は続き、79分には右サイドからグリーンウッドが左足で絶妙なクロス。これにカバーニが豪快なダイビングヘッドで合わせて、逆転に成功する。

 その後、反撃に出たいトッテナムはベイルを投入し、状況の打開に出るが、同点ゴールを奪えず。逆に後半アディショナルタイムにグリーンウッドがダメ押し点を奪ったユナイテッドが3-1で勝利し、リーグ戦4連勝を達成した。一方、逆転でチャンピオンズ・リーグ出場権獲得を目指すトッテナムには手痛い敗戦となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ソン・フンミンが左足で奪ったリーグ戦2か月ぶりゴール