FC東京は4月18日、公式ツイッターを更新。今季加入した元ブラジル代表、DFブルーノ・ウヴィニの合流初日を映した密着動画を公開した。

 現在29歳のウヴィニは、2010年にブラジルの名門・サンパウロでプロキャリアをスタートさせ、トッテナムやナポリといった欧州クラブでもプレー。世代別のブラジル代表やA代表の経験も持つセンターバックだ。

 今年1月にすでに加入が発表されていたが、コロナ禍による入国制限や、来日後の隔離期間消化のため、チームへの合流が遅れていた。しかし、今月16日についにチームに初合流。FC東京はその初日に密着した動画を公開している。

 動画は、緊張した様子で初めてクラブハウスに訪れる場面から始まり、全選手の前で「おはようございます」と日本語で挨拶する一幕も。練習中には、森重真人と笑顔で会話を交わし、倒れた田川亨介に手を差し伸べるなど、積極的にチームメイトとコミュニケーション。終始笑顔でトレーニングを楽しむ様子が収められており、人柄の良さが伝わってくる。
 
 最後には、カメラマンにコメントを求められ、「日本でプレーすることは自分のひとつの願いでもあったなかで、今日がその日となりチームの方々も温かく受け入れてくれました。自分にとっては素晴らしい1日になりました」と感想を述べた。

 またチームの印象については、「首都のクラブですし、勝利のメンタリティが備わっていると感じました」と発言している。

 この動画にはファンからも、「頼む、救ってくれ…」「ナイスガイな感じ、最高に推せる」「早く出てきてくれ」など、期待の声が寄せられている。

 FC東京は現在、20チーム中ワースト3位の16失点中。守備改善が急務となるなか、ウヴィニはチームの救世主となれるか。元セレソンのCBに期待が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】期待の新戦力、ブルーノ・ウヴィニの合流初日に密着!