現地時間4月25日に開催されたアゼルバイジャン・リーグ第24節で、本田圭佑が所属するネフチ・バクーが、サバフとの一戦に臨み、敵地で2−2のドローに終わった。

 3戦連続のスタメン、加入後4試合目の出場で右サイドハーフに入った本田は22分、自陣のペナルティエリア内でボールを処理する際に手で叩いてしまい、痛恨のPKを献上。先制ゴールを許してしまう。

 30分にもカウンターで被弾したネフチは、36分にアラスガロフのPKで1点を返して折り返す。

【動画】3度のPKに3人退場、本田圭佑が決めた幻の技あり弾も…大荒れのネフチ対サバフ戦の模様はこちら

 迎えた60分、ネフチのCKの競り合いの際にファウルがあったとして、再びPKを獲得。これもアラスガロフが決めて同点に追い付く。

 しかも、このファウルで2枚目のイエローを受けた敵DFが退場し、数的優位となったアウェーチームは65分、CKからの折り返しに本田が合わせてゴール! チームは歓喜に沸いたものの、GKの近くにいた味方がオフサイドと見なされ、得点は取り消しとなる。

 その後もネフチが攻め込み、86分と88分にサバフが2、3人目の退場者を出したものの、最後まで勝ち越しゴールを奪えず。今節に勝利した首位カラバフとの差が3ポイントに開いてしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部