岡崎慎司がかつての戦友を祝福した。

 チェルシーは現地時間5月5日、チャンピオンズ・リーグの準決勝・第2レグで、レアル・マドリーとホームで激突。28分にティモ・ヴェルナーがこぼれ球を詰め幸先よく先制点を奪うと、85分にはクリスティアン・プリシッチのラストパスからメイソン・マウントが合わせて、勝利を決定づける追加点を挙げた。

【動画】カンテの攻め上がりからハベルツがループ!最後はヴェルナー!

 このまま2-0で第2レグを制したチェルシーは、2戦合計3-1で、初優勝を飾った2011-12シーズン以来9年ぶりの決勝進出。今月29日に優勝をかけてマンチェスター・シティと相まみえる。

 この結果に、試合終了直後にツイッターで興奮気味に反応したのが、ウエスカの岡崎だ。レスター時代に共にプレーし、2015-16には奇跡のプレミアリーグ制覇を果たしたエヌゴロ・カンテ、ベン・チルウェル(以上チェルシー)、リャド・マハレズ(シティ)の名を挙げ、熱い思いを伝えている。
 
「カンテ、チリウェル、マフレズ。決勝で3人がプレーするんやなー。チェルシーの守備が凄くて、めちゃ興奮してる。とにかく今日は寝れなさそうや。呟きたい時にツイートするってこういうことなんやな」(原文ママ)

 さらにその20分後には「そしてトーマストゥヘル監督か。やっぱり寝れないな」と新規投稿。日本代表FWがブンデスリーガでゴールを量産したマインツ時代に師事し、現在はチェルシーで指揮を執る、かつての恩師を称えることも忘れなかった。

 岡崎も大注目の世界最高峰の舞台で行なわれるイングランド勢対決は、一体どんな結果となるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部