J1リーグは5月30日、第17節の9試合を各地で開催。味の素スタジアムで行なわれたFC東京とサンフレッチェ広島の一戦は、0-0の引き分けに終わった。

 今季2度目の2連勝で息を吹き返したFC東京だったが、前節の清水エスパルス戦では0-3の完敗。仕切り直しとなった一戦は前節から内田、東慶悟、アダイウトンが外れ、中村拓海、安部柊斗、永井謙佑が入った。

 対する広島は、前々節のセレッソ大阪戦では後半の2ゴールで逆転勝ち、前節浦和レッズ戦ではアディショナルタイムの劇的弾で同点に追いつくなど粘り強さを発揮。その浦和戦からは5選手を変更し、柏好文、森島司、川辺駿、青山敏弘、浅野雄也を先発で起用した。

 試合はアウェーの広島が立ち上がりを優勢に進める。2分に浅野がシュートを放つと、直後に左CKを獲得。その後もセットプレーなどからチャンスを掴み相手ゴールに迫るものの、決定打を奪えない。
 
 前半の飲水タイム以降は落ち着きを取り戻したFC東京は、後半頭にビッグチャンスを迎える。後半のキックオフから素早く展開すると、こぼれ球に反応した永井がペナルティエリア左からシュートを放つ。これはクロスバーに嫌われる。

 続けて48分、ディエゴ・オリヴェイラのパスに抜け出した中村拓海がシュート性のクロスを入れるがゴール左上に外れる。

 その後はややオープンな展開となり、お互いがカウンターを仕掛けるものの、両チームともにスコアを動かすことが出来ず、タイムアップを迎えた。

 この結果、FC東京は勝点22、広島は同26と1ポイントずつを分け合った。

 代表ウィークや、天皇杯、ルヴァンカップなどを挟んで6月19日に行なわれる次節、FC東京は敵地で横浜FCと対戦、広島はホームで柏レイソルを迎え撃つ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部