[J1リーグ17節] 徳島1-1湘南/5月30日(日)/鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

【チーム採点・寸評】
徳島 5
数字上では圧倒的にボールを支配していたが、ビルドアップで相手に徹底的な対処をされたため、劣勢だったイメージしかない。また、最終ラインのバタつきがピンチを招く場面も……。前節から中2日での試合ということもあるが、先制したゲームで勝ち切れないのは重症だ。

【徳島|採点・寸評】
GK
21 上福元直人 5.5
危なげない守備で湘南の後半の猛攻を守った。ただ町野との1対1ではゴールを決められてしまった。

DF
3 ドゥシャン 5.5
23分、ウェリントンと町野のコンビに最終ラインの裏を取られてしまい、同点ゴールを許してしまう。縦パスの精度も低く、安定感を感じなかった。

14 カカ 6.5
13分、岩尾からのピンポイントクロスに頭から飛び込み、自身のJリーグ初ゴールとなる先制弾。町野とのマッチアップを最後まで演じたカカは、勝てば間違いなくこの日のMOMだった。

4 ジエゴ 5(57分OUT)
前線への縦パスに何度もトライするが、湘南の堅守をこじ開けられず。最終ラインでのパス回しも悪く、リズムを崩した。
 
MF
8 岩尾 憲 6.5(80分OUT)
前節でJ通算300試合出場を果たした男は13分、CKからこぼれたボールをファーサイドのカカへピンポイントクロス。ダイビングヘッド弾をアシストした。珍しく途中交代するが、やはりラストパスの正確さは群を抜いている。

15 岸本武流 5.5
畑の対応に追われ、岸本らしい飛び出しがあまり見られなかった。また、湘南のプレスに最後まで苦しめられた。

23 鈴木徳真 6
ボランチコンビの岩尾と、これまでとは逆の役割を担っていた。ボールを回収した後のカウンターでは、いつも以上の推進力を感じた。

10 渡井理己 5.5(57分OUT)
湘南に中央付近を制され、渡井らしいプレーは鳴りを潜めた。
 
MF
11 宮代大聖 6(85分OUT)
攻守に渡って奮戦するが、決定機を作るのが難しかった。だが、宮代らしいポジョニングで湘南の攻撃の芽を摘んだ。

45 杉森考起 6(57分OUT)
同点にされた後は守備に追われる場面が多かった。ただ、序盤は彼らしいドリブル突破を多く見せた。

FW
19 垣田裕暉 5.5
良い飛び出しを披露していたが、シュートまで持って行ってほしい場面が多くあった。
 
交代出場
MF
38 クリスティアン・バトッキオ 6(57分IN)
来日して7試合目。普段はボランチの位置でのプレーが多いが、高い位置でフィニッシャーとしての一面も見せた。72分には、クロスにヘッドで折り返した宮代のパスに反応し、おしゃれなヒールシュートも。

MF
24 西谷和希 6(57分IN)
得意とする、エリア左45度からのドリブルでの仕掛けが良かった。ただ、サポートがいないのであれば、シュートまで行ってほしかった。

DF
22 藤田征也 5(57分IN)
古巣の湘南相手に途中出場。特に目立った働きはできなかった。

MF
13 藤田譲瑠チマ  ―(80分IN)
6試合ぶりの出場。岩尾に代わって終盤に投入されるが、攻撃のリズムを作れなかった。

FW
9 河田篤秀 ―(85分IN)
残り少ない時間での出場となったが、激しい攻防のなか、藤田のスルーパスに反応してゴールへ迫るなど、相手守備陣を切り崩した。

監督
ダニエル・ポヤトス 5
後半に岩尾を交代させるなどの大胆策に出る。次節まで日程が大きく空くことをプラスに捉え、戦術を練り込んでほしい。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
湘南 6
中盤の選手のパスコースをふさぐポジショニングやプレスは、徳島のポゼッションを狂わせた。そういった意味では湘南のお家芸を十分に発揮したと言える。相手のビルドアップに対しての守備対応が良かっただけに、勝点1では物足りないゲームだった。

【湘南|採点・寸評】
GK
1 谷 晃生 6
13分、岩尾のクロスとカカのダイビングヘッドには一歩も動けず、ネットを揺らされる。だが、クロス処理のキャッチは流石の一言。

DF
4 舘 幸希 6
徳島のロングボールへのカバーリングが冷静で的確だった。地味だが、徳島の苦し紛れのロングパスをピンチにしなかったあたりは見事だ。

3 石原広教 6
パスコースの読みが冴え、カウンターの起点となった。パスミスもあったが、致命傷には至らなかった。

8 大野和成 6.5
中盤のプレスからパスコースをふさいでボールを奪い、カウンターに大きく貢献。高さで垣田を抑えるなど、ピンチになる前に対処。
 
MF
6 岡本拓也 6.5
83分、上福元の好セーブに阻まれたものの、町野からのスルーパスに良い反応を見せてシュートを放った。

26 畑 大雅 5.5(79分OUT)
徳島の岸本同様、守備に時間を費やし、持ち味のスピードは生かせずに終わった。

20 名古新太郎 5.5(61分OUT)
セットプレーでウェリントンを狙うのは明白だったので、もう少し変化をつけた攻めを見てみたかった。

28 平岡大陽 6(HT OUT)
高卒ルーキーでJ1デビュー戦となったこの試合、中央付近でのパスカットやセカンドボールに頻繁に絡んだ。
 
MF
32 田中 聡 5.5(61分OUT)
アンカーとして5試合目の出場。時折見せる鋭い縦パスが繋がっていれば、徳島を完全に崩せていたが……。

FW
MAN OF THE MATCH
33 町野修斗 7(90+3分OUT)
23分、ゴール前でこぼれたボールに素早く反応し、同点ゴールを決める。カカとのマッチアップはほぼ互角。パスコースを読んだ動きが冴え渡り、徳島は彼をファウルで止めることが精一杯だった。

9 ウェリントン 6.5
再三に渡り空中戦を制し、攻撃の起点となった。22分には町野の同点ゴールを演出した。
 
交代出場
MF
10 山田直輝 6(HT IN)
平岡に代わって後半より出場。縦のロングパスに対しての対応が冷静だった。

MF
27 池田昌生 5.5(61分IN)
J3アシスト王の池田。終了間際のダイビングヘッドは勝利への執念を感じた。85分には、エリア内でシュートを放つも、相手DFに当たり枠を外れてしまう。

MF
25 中村 駿 6(61分IN)
敵陣深い位置でのプレスが徳島のパスミスを誘った。また奪った後のサイドチェンジも相手を翻弄した。

MF
42 高橋 諒 ―(79分IN)
79分、左サイドを駆け上がって岡本へ精度の高いクロスを上げる。

DF
13 石原直樹 ―(90+3分IN)
後半終了間際での出場。目立った働きは見られなかった。

監督
浮嶋 敏 6
中盤の3人を入れ替えるなど、中央のプレスにフレッシュな戦力を使うあたりが湘南らしさをのぞかせた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●岡本浩行

【ハイライト動画】徳島対湘南は最後まで両者譲らず。1-1のドロー決着