久保建英が古巣に復帰するかもしれない。

 レアル・マドリーの専門メディア『Defensa Central』は6月5日、「マドリーは、マジョルカから久保について問い合わせを受けている」と題した記事を掲載。「マドリーはクボについて複数のオファーを受けている。そのなかで最も注目すべきそれのひとつであり、マジョルカへ復帰する可能性がある」と綴った。

 記事によれば、ヘタフェでのレンタルを終えた久保が、マドリーのファーストチームでプレーするには「あと一歩」で、新シーズンは再レンタルされる可能性が高いという。

【動画】「速すぎる」とファン驚愕!久保建英が披露した、超高速ダブルタッチからの鮮やかループ弾はこちら!


 マジョルカは、久保がレンタルでプレーしていた2019-20シーズンに、1部で19位に終わり、昇格から1シーズンで2部に降格。だが、20-21シーズンに2位となり、自動昇格を決めている。

 1部定着を目指すチームはすでに強化を進めており、ターゲットのひとりになっているのが、19-20シーズンに4ゴール・4アシストの活躍を見せた日本代表MFだという。だが、久保に関しては、欧州のビッグクラブや他のラ・リーガ1部クラブも関心を示しているようだ。

 マジョルカが昇格を決めた際には、自身のインスタグラムのストーリー(24時間で消える投稿)にスペイン語で「マジョルカの皆さん、おめでとうございます!」と綴った久保。再び赤いシャツを纏うことになるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部