[J1リーグ18節] 福岡1-2神戸/6月19日(土)/ベススタ

【チーム採点・寸評】
福岡 5.5
開始直後の失点が響いた。前半途中からリズムを取り戻して、鋭いカウンターを仕掛けて一時は同点に追いついたが、後半はボール支配率を高めた神戸の前に持ち味を発揮できず。PKを奪われて敗戦を喫した。

【福岡|採点・寸評】 
GK
31 村上昌謙 5.5
プレー機会が少なく目立ったミスはなかったが、2失点の事実は高評価にはつながらない。

DF
3 エミル・サロモンソン 5.5
前半はクルークスとのコンビでサイドの主導権を握ったが、後半は好機を作れなかった。

22 輪湖直樹 5.5(62分OUT)
チームとしてカウンターからチャンスを作った前半も決定的な仕事はできず。後半途中で交代。
 
33 ドウグラス・グローリ 6
持ち味である対人と空中戦の強さを発揮。何度もハイボールをはじき返してゴール前の壁になった。

39 奈良竜樹 6
グローリとのコンビネーションの良さは相変わらず。時に身体を挺してゴール前のピンチを防いだ。

MF
6 前 寛之 5.5
前半はセカンドボールを積極的に回収しチームのリズムを作るも、後半はボールを支配されて良さを出し切れなかった。

7 重廣卓也 5.5
相手ボールをカットしてカウンターの起点となるも後半は守勢に回った。同点直後に放ったシュートが惜しまれる。
 
MF
8 杉本太郎 6(90+2分OUT)
左サイドの攻撃の起点。特に後半は高い技術と独特のリズムを駆使して何度もチャンスを作り出した。

14 ジョルディ・クルークス 6(80分OUT)
サロモンソンとの連係も良くチャンスを演出。見事な左足のクロスで同点ゴールをアシストした。

FW
11 山岸祐也 6.5(62分OUT)
前線からの守備で貢献。攻撃面でも積極的にゴール前に顔を出し、貴重な同点ゴールをゲット。

27 ブルーノ・メンデス 6(62分OUT)
労を惜しまぬ守備でチームのリズムを作り出すとともに攻撃の起点として機能した。
 
交代出場
DF
2 湯澤聖人 5.5(62分IN)
終盤の勝負所で前への圧力を強めた酒井に対し後手に回り、サイドの主導権を奪われる。

FW
17 渡 大生 6(62分IN)
高い位置から積極的にボールを追ってチームを鼓舞。決定的なシュートを放つもわずかにそれた。

FW
9 フアンマ・デルガド 5.5(62分IN)
前線でボールを収めてチームにリズムをもたらすも、決定的な仕事はできなかった。

MF
37 金森健志 ―(80分IN)
積極的にボールを追ってリズムを変えに行なったが、時間も短くチャンスを作り出すことはできなかった。

DF
5 宮 大樹 ―(90+2分IN)
パワープレー要員としてアディショナルタイムに登場。評価するに足る十分な時間がなかった。

監督
長谷部茂利 5.5
神戸に押し込まれるなか、62分に3枚替えでリズムを変えにかかったが、最終的に追いつくことはできなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
神戸 6
前半は福岡の鋭いカウンターの前に苦しむ場面も散見されたが、後半はボールを保持して攻め続ける自分たちのスタイルを発揮。流れの中から決定機を作ることはできなかったが、じわじわと押し込んで最後はPKを奪って決着をつけた。

【神戸|採点・寸評】 
GK
1 前川黛也 6
プレー機会が少なく評価をするに値するプレーはなかったが、最終ラインとの連携で失点を1に抑えた。

DF
24 酒井高徳 6.5
先制点のアシストに加え、後半の勝負所で前への圧力を高め、その結果としてPKを獲得した。

17 菊池流帆 6
ビルドアップの起点として多くのパスを捌くとともに中央を固めて相手にチャンスを与えなかった。

3 小林友希 6
1失点は悔やまれるところだが、菊池とのコンビネーションも良く、崩される場面はほとんどなかった。

19 初瀬 亮 5.5(85分OUT)
前半は福岡に主導権を奪われる。後半は高い位置から仕掛けるプレーもあったが、決定的な仕事はできず。
 
MF
5 山口 蛍 5.5
積極的に攻撃に絡む姿勢は見られたが、守備面では物足りなさも残る。1失点目は寄せの甘さが原因。

6 セルジ・サンペール 6.5
圧倒的存在感。すべてのプレーがサンペールから始まると言っても過言ではない。先制点の起点にもなった。

7 郷家友太 5.5
大きな問題はなかったとはいえ、後半は対峙する杉本に後手を踏むシーンが多かった。
 
MF
8 アンドレス・イニエスタ 6.5(90+1分OUT)
一瞬のプレーで攻撃のリズムを作り出すプレーは圧巻。決勝ゴールのPKを決めた。

11 古橋亨梧 6.5(90+1分OUT)
試合展開に大きな影響を与える先制点をゲット。その後もゴールに向かってプレーし続けた。

FW
49 ドウグラス 5.5(74分OUT)
前線でボールを収めるなど攻撃の起点としての役割は果たしたが、ペナルティエリア内のプレーに物足りなさも残る。
 
交代出場
FW
21 田中順也 5.5(74分IN)
勝ち越したことでチームの守備意識が高くなり、良いボールが入ってこずに存在感を見せられなかった。

DF
23 山川哲史 ―(85分IN)
右SBでプレー。出場時間が短く、評価するに足る十分なプレーはできなかった。

MF
22 佐々木大樹 ―(90+1分IN)
出場時間が短く、評価するに足る十分なプレーはできなかった

MF
37 増山朝陽 ―(90+1分IN)
出場時間が短く、評価するに足る十分なプレーはできなかった

監督
三浦淳寛 6
どちらに転んでもおかしくない試合を、自分たちの持ち味であるボールを保持するという特長を生かしてモノにした。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●中倉一志(フリーライター)

【PHOTO】福岡1-2神戸|イニエスタがリーグ戦今季初得点&古橋はシーズン10得点目!敵地で神戸が競り勝つ!

【動画】イニエスタの今季初ゴールが決勝点!福岡vs神戸戦ハイライト