J1リーグは6月23日、第19節の6試合を各地で開催。鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスとFC東京の一戦は、1-0でアウェーの後者が勝利を収めた。

 代表ウィークでの中断明け初戦となる徳島は、前節から2選手を変更し、小西雄大とクリスティアン・バトッキオを起用。前線は、トップに垣田裕暉、2列目は右から、小西、C・バトッキオ、宮代大聖という並びになった。

 週末に横浜FC戦で勝利を収めたFC東京は、前節からのスタメン7人を入れ替えた。特別指定の明治大DF岡庭愁人がJリーグデビュー。DF蓮川壮大、代表戦帰りの小川諒也、三田啓貴、髙萩洋次郎、永井謙佑、田川亨介が先発した。前節猛威を振るったブラジリアントリオの、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロ、アダイウトンはベンチスタートとなっている。

 試合は立ち上がりに相手のミスを突いてFC東京が先手を奪う。

 バックパスを受けた徳島のDFカカにプレスを仕掛けた田川がボールを奪うと、フォローに来たGKも冷静にかわし左足でゴールに流し込んだ。FC東京が5分に先制する。

 FC東京は8分にも敵陣右サイドで得たFKから最後は田川がボレーシュートを放つが、これは枠の外へ。さらに12分、左サイドのスローインから逆サイドを駆け上がってきた岡庭が思い切ったシュートを放つ。相手DFのブロックに合うものの、FC東京ペースでゲームを進める。
 
 立ち上がりは相手に主導権を渡してしまった徳島だったが、丁寧なビルドアップから次第にボールポゼッションを増やす。敵陣に押し込みチャンスを伺うものの、最後の部分で噛み合わず決定機を作り出せない。

 1点ビハインドで迎えた後半頭には、ボランチの鈴木徳真に代えて杉森考起を、続けて63分には、渡井理己、藤田譲瑠チマを投入。

 71分には渡井のクロスに反応した垣田が飛び込むが、先に相手DFにブロックされる。78分のFKは、意表を突いてジエゴが左足で狙うものの、わずかにクロスバーの上に外れる。チャンスは作り出したが、最後まで得点が奪うことが出来ず、0-1のままタイムアップを迎えた。

 この結果、徳島は勝点19は変わらず、2戦連続で1-0勝利のFC東京は同28に積み上げた。

 中3日で行なわれる次節、徳島は横浜F・マリノスと、FC東京は大分トリニータとそれぞれホームで対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部