[J1第20節]鹿島4-0札幌/6月27日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 7.5
立ち上がりこそ、バタつくシーンが見られたが、10分にリスタート(左CK)から先制し、後半すぐに追加点を奪ったことで、完勝への盤石な道筋を作った。Jリーグ最速となるホーム通算300勝を見事な勝ちっぷりで達成した。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 6
25分、近距離シュートに対しても顔をそむけず、“顔面セーブ”でゴールを死守。勇敢なセービングが光った。

DF
32 常本佳吾 6.5
FWエヴェラウドの中央突破を斜め後ろから追走。ゴチャゴチャとこぼれたところを見逃さず、素早く駆け寄って押し込み、嬉しいプロ初ゴールをゲットした。

DF
39 犬飼智也 7
ジャンプ一番! 高い打点からのヘディングで先制点を奪っただけではなく、追加点につながる撥ね返しヘッドも。痛恨ミスを重ねた前節の汚名を返上するパフォーマンスだった。
 
DF
28 町田浩樹 6.5
正当なチャージで相手選手をふっとばすなど、冷静さのなかにも熱さを感じさせるプレーを垣間見せた。

DF
5 杉岡大暉 6(90分OUT)
Jリーグを代表する“ドリブル王子”に手を焼くも、攻撃に出ればピンポイントクロスを供給。最後の最後に交代するまでアグレッシブな姿勢を貫いた。

MF
4 レオ・シルバ 6(76分OUT)
ボランチの相方D・ピトゥカがどんどん前に出ていくぶん、後方支援に徹し、ディフェンスラインの前でバランスを整えた。ふだん以上に球離れも早かった。

MF
21 ディエゴ・ピトゥカ 6.5
待ちに待った歓喜の来日初ゴール。エヴェラウドからのつなぎのパスにいち早く反応し、ワンタッチで相手DFと入れ替わると、あとは難なくゴールに流し込んだ。

【J1第20節PHOTO】鹿島 4-0 札幌|鹿島が圧巻のゴールラッシュでホーム通算300勝目を挙げる
 
MF
13 荒木遼太郎 6(64分OUT)
左CKから質の高いボールを送り、勝負の流れを引き寄せる先制点をアシスト。22分、土居のスルーパスに抜け出し、決定機を迎えたが、渾身のシュートはゴール左外に流れてしまったのは残念無念。

MF
41 白崎凌兵 6(64分OUT)
一瞬のタメを作ったり、ボールを丁寧にちらしたり、得点のきっかけとなる横パスをエヴェラウドに送ったり、攻撃の流動性を高める役回りで勝利に貢献。

FW
8 土居聖真 6(76分OUT)
荒木に送った右足アウトによるワンタッチスルーパスにしびれた。杉岡の左クロスをヘッドで叩きつけ、大きくバウンドし、クロスバーを越えたときは腰が浮いた。

MAN OF THE MATCH
9 エヴェラウド 7.5
立ちはだかる相手を次々になぎ倒していくような本来の力強さが戻ってきた。今季J初ゴールを記録しただけではなく、そのほか2点にも関与。体調不良で出遅れていたが、完全復活を印象づけた。
 
途中出場
MF
7 ファン・アラーノ 6(64分IN)
細かいタッチとステップで相手のプレッシャーをいなしつつ、少し膨らみながらパスを呼び込む和泉に「どうぞ、シュートを」とばかりにボールをつけた。

MF
11 和泉竜司 6(64分IN)
72分、パスをもらう前からシュートしか考えていなかったようなスムーズな動きとトラップ。シュートはゴールの枠を捉えられなかったが、チーム5点目を狙う積極的な姿勢がうかがえた。

MF
20 三竿健斗 6(76分IN)
相手クロスに対して危機察知センサーが作動。味方のヘッドがオウンゴールになりかけたものの、冷静にゴール前から蹴り出した。

MF
27 松村優太 ―(76分IN)
試合終了間際に左からのクロスに応対したとき、相手選手と激突。顔面を強打し、ヒヤリとしたが、幸い大事には至らず。

MF
37 小泉 慶 ―(90分IN)
アディショナルタイムを含め、実質5分ほどのプレー時間だったが、無失点に抑えるべく、左サイドの保全に努めた。

監督
相馬直樹 6.5
相手にボールを持たれる時間が長かったことは本意ではない。だが、「最後のところで自由にさせない守備」と「素早い切り替えからの攻撃」を徹底。終わってみれば4-0の完勝に指揮官も顔をほころばせた。

【PHOTO】鹿島×札幌サポーター|雨中戦となった白熱のゲームをスタンドから後押し
 
[J1第20節]鹿島4-0札幌/6月27日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
札幌 5
鹿島の術中に、まんまとハマってしまった感が強い。CKと逆襲から失点を重ね、万事休した。ボールを保持しながら好機創出まではいったが、肝心のシュートの精度が低く、また相手の粘り強さもあって、一度もネットを揺らせなかった。

【札幌|採点・寸評】
GK
1 菅野孝憲 6
シュートの瞬間はすべて相手に上回られたことで重ねた4失点。GKの責任は問えないだろう。

DF
2 田中駿汰 6
右タッチライン際でのプレーが多く、ポジショニングやそこからの展開など、右SBのような働きぶりだった。

DF
10 宮澤裕樹 5.5
ディフェンスラインの中央に位置し、守備網に穴を作らぬように奮闘も「クオリティの高い相手には今日のような寄せでは甘い」と猛省しきり。

DF
5 福森晃斗 5
「先制されたCKからの失点は自分のマークにやられた」と悔しさをにじませた。挽回すべく、持ち味の左足キックをうならせたが、鹿島の牙城をなかなか切り崩せなかった。
 
MF
7 ルーカス・フェルナンデス 5.5(65分OUT)
後半すぐに左サイドの福森からロングパスを受け、果敢にシュートに持ち込んだ。攻撃に変化をつけようとあれこれ心がけるものの、有効な状況を作り出せずにいた。

MF
14 駒井善成 5.5
本来はドリブル大好きプレーヤーだが、ポジション柄、自分らしさを追求するよりフォア・ザ・チームに徹した。が、鹿島の素早いカウンターに後手を踏まされるケースも少なくなかった。

MF
6 高嶺朋樹 6(56分OUT)
スタートポジションはボランチながら、ディフェンスラインに入ってプレーする機会が多かった。得意の左足フィードがさく裂し、何度かチャンスを演出したものの実を結ばず。

MF
28 青木亮太 6
ダブルタッチからスルーパスを出すなど、テクニカルな一面をのぞかせた。後半途中からメンバーを入れ替えたことで、実質2トップの一角に入り、ひたむきにゴールを目指した。
 
MF
9 金子拓郎 6.5
切れ味鋭いドリブルで相手DFを翻弄。右サイドを突破し、たびたびクロスを入れたが、今ひとつゴール前の味方と合わず。劣勢のなかにあってもひときわ異彩を放った。

MF
27 荒野拓馬 5(56分OUT)
開始5分、右サイドの田中駿からのパスを受け、中央を抜け出したが、ボールが足につかず、せっかくのチャンスをふいにしてしまった。時間を追うごとに試合への関わりが薄れた。

MF
18 チャナティップ 5.5(86分OUT)
ライン間でボールを受けて、寄せてくる相手を感じ取りながらターン。ここまではいつもどおりのプレーだが、“その先”の成果があまり見られなかった。
 
途中出場
MF
8 深井一希 6(56分IN)(86分OUT)
ボランチの高嶺に代わり、ピッチに立ったが、30分後、腰のあたりをさすり、顔をゆがめながら、ピッチをあとにした。

FW
33 ドウグラス・オリヴェイラ 5.5(56分IN)
“ゼロトップ”でスタートした札幌だったが、前線でのターゲットを明確にしたことで、攻撃の活性化を図ろうとした。82分に決定機を迎えたが、うまくボールを捉えることができなかった。

FW
4 菅 大輝 5.5(65分IN)
左サイドのスペシャリストの正確無比なクロスに期待をかけた。だが、良い状況でボールを受けられず、機能していたとはいい難い。

DF
50 岡村大八 ―(86分IN)
ボランチの深井のアクシデントによって急きょ交代出場。岡村が3バックの右に入り、田中駿がボランチに移り、チームのバランスを整えた。

FW
45 中島大嘉 ―(86分IN)
チャナティップとはまったくタイプの異なる大型FWをピッチに送り出した。点差を考えたら、将来有望なルーキーに公式戦の雰囲気を少しでも味合わせたいといった意図のほうが大きかったか。

監督
ペトロヴィッチ 5.5
予想以上の大差に、ただ手をこまねく、傍観者にならざるを得なかったか。というと語弊はあるが、「たら、れば」が浮かんでは消えるやるせない一戦になってしまったことだろう。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストweb編集部