現地時間6月29日、ドイツ紙『ビルト』は、フランクフルト所属でポルトガル代表FWのアンドレ・シウバがRBライプツィヒ移籍に迫っていると報じた。

 

 同紙によると、RBライプツィヒはこの25歳のストライカーの移籍金として、2300万ユーロ(約28億7500万円)を提示しているようだ。


 A・シウバは昨シーズンのブンデスリーガ32試合で28ゴールをマークし、目下売出し中のアーリング・ハーランドを抑えて得点ランキングの2位に入る活躍を披露。フランクフルトをヨーロッパリーグ出場圏内の5位に押し上げる原動力となった。

 

 この活躍もあり、今夏の移籍市場ではアーセナルやマンチェスター・シティ、アトレティコ・マドリーなど、多くのメガクラブが触手を伸ばす人気銘柄となっている。

 ポルトガル代表として出場したEURO2020では3試合に出場(いずれも途中出場)するも無得点。残念ながら決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れた母国を救うことはできなかったが、出場時間が短かったため市場価値に大きなダメージはなかったはずだ。
 


 そんなA・シウバについて、6月29日に行なわれたフランクフルトの新監督就任会見に出席したオリバー・グラスナー監督は、同じく移籍が噂されるフィリップ・コスティッチとともに言及。

 

「もちろん慰留に努めるよ。彼らは非常に素晴らしい選手だ」と、あくまでも残留を望む発言をしつつも、「ただ、現代のサッカー界ではどういうシナリオになるかは予想できない」と語っている。

 

 ポルトガル代表ストライカーの獲得に近付いているというRBライプツィヒは、昨シーズンは2位に入ったものの、チェルシーに移籍したドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの穴を埋めきれず、FW陣の決定力不足が顕著だった。

 

 一方のフランクフルトはコロナ禍における財政難に苦しんでおり、主力選手の売却は不可欠と言われている。

 

 双方にとってメリットのあるディールはこのまま合意となるのだろうか。ブンデスリーガを代表するストライカーの今後の動向に注目だ。

 

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部