[J1リーグ22節]湘南0-1FC東京/7月11日(日)/レモンS

【チーム採点・寸評】
湘南 5.5
ラインをコンパクトにして前半は相手にほぼチャンスをつくらせず。反面、ミスが多く自分たちのチャンスも少ない。後半も粘り強くピンチを凌いだが、終盤ミスからゴールを奪われ3連敗を喫した。

【湘南|採点・寸評】
GK
23 富居大樹 5.5
はっきりと前に飛び出し、パンチングやキャッチで堅守を支えたが、失点シーンは防ぎきれなかった。

DF
22 大岩一貴 6
相手の起点を潰し、背後へのボールもカバー。ロングフィードやオーバーラップで攻撃にもアクセント。

3 石原広教 5
守備を統率。カウンターで決定機を演出する場面もあったが、ボールロストが失点に繋がった。

8 大野和成 6
タイトな寄せでクサビを潰し、時に逆サイドまでカバー。機を捉えて攻撃参加も果たした。
 
MF
26 畑 大雅 5.5(80分OUT)
背後を狙う相手につくなど守備に献身。反面、敵陣深くに進入する場面やクロスは少なかった。

27 池田昌生 5.5
パスカットやプレスバックでボールを奪取。スルーパスやシュートも見せたが、決定機には至らなかった。

29 三幸秀稔 6(66分OUT)
プレスバックし、セカンドボールへの反応も鋭い。長短のパスでリズムをつくる一方、ミスも散見された。

【動画】FC東京が永井謙佑の決勝弾で湘南を下す!
MF
10 山田直輝 6(58分OUT)
自陣深くまで戻りボールを奪うなど守備面での貢献が光る。ゴール前で勝負する場面を増やしたい。

42 高橋 諒 5(58分OUT)
ボールロストや背後を取られてピンチを招くなど、サイドの攻防で後手を踏んだ。

FW
33 町野修斗 5.5
後ろとの距離を保ちながらプレスバックやスルーパスなど攻守に献身。決定機はGKの好守に阻まれた。
決め切れなかった。

17 大橋祐紀 5.5(66分OUT)
守備のスイッチを入れ、起点をつくる。身体を張って献身した一方、GKとの1対1は決め切れなかった。
 
交代出場
DF
6 岡本拓也 5.5(58分IN)
右ウイングバックに入る。守備を抑え、攻撃にも加わったが、持ち前の動き出しやクロスを発揮できず。

MF
20 名古新太郎 5.5(58分IN)
左のサイドボランチに入り、ドリブルやミドルシュートを見せたが、得点には繋がらなかった。

MF
32 田中 聡 5(66分IN)
身を挺してシュートをかき出すなど守備に献身。だが後半アディショナルタイムにファウルで退場した。

FW
9 ウェリントン 5.5(66分IN)
前線でキープするなど強さを示したが、相手の堅守にチャンスをつくれず、シュートも打てなかった。

FW
11 タリク ―(80分IN)
最後の交代で右のサイドボランチに入る。時間短く効果的な仕事はできなかった。

監督
浮嶋 敏 5.5
複数失点が続いていたなかでコンパクトな守備を整備。失点は抑えた反面、チャンスは少なかった。
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 6
前半は堅い守備の一方でシュートも少なく得点を奪えない。後半に入り、ブラジル人選手のコンビネーションで奪ったゴールはVARで取り消しとなったが、交代選手の活躍もあって終盤先制。4連勝を挙げた。

【FC東京|採点・寸評】 
GK
13 波多野豪 7
果敢な飛び出しと鋭い反応で前後半に訪れた2度の決定機をセーブ。無失点に抑えて勝利を呼び込んだ。

DF
6 小川諒也 6.5
力強いドリブルやゴール前に走り込むなどチャンスに係わる。ロングフィードで背後も狙った。

4 渡辺 剛 6.5
クサビに厳しく寄せて相手の起点を潰し、チャンスをつくらせない。ヘディングの強さも示した。

3 森重真人 6.5
渡辺とともに起点を潰し、中央を封鎖。サイドチェンジや縦パスなど攻撃のリズムももたらした。

49 バンクーナガンデ佳史扶 6.5(87分OUT)
アグレッシブに攻撃参加し、クロスでチャンスを演出。1対1を制するなど守備の強さも示した。
 
MF
10 東 慶悟 6(71分OUT)
起点をつくり、セカンドボールもケア。中央の崩しに加わる一方、自ら背後を突く場面もあった。

21 青木拓矢 6
バランスを取りながら守から攻をサポート。セカンドボールを回収し、時に攻撃参加から自らシュートも放った。

31 安部柊斗 6
足を止めずに攻守に献身。ビルドアップに加わり、ゴール前に走ってフィニッシュも狙った。
 
FW
15 アダイウトン 6(71分OUT)
背後を狙いながら積極的にシュートを重ねた。自身が起点となったゴールはVARで取り消しに。

20 レアンドロ 6.5
幅広く動いて起点をつくり、多彩なパスでリズムをつくる。ゴールシーンは自身のシュートのこぼれから。

9 ディエゴ・オリヴェイラ 6
相手の厳しい寄せにもキープするなど強さを発揮。シュートはなかったが、前線で起点となった。
 
交代出場
FW
11 永井謙佑 7(71分IN)
終盤に途中出場すると、勝負を決める値千金の決勝弾。ゴール前の混戦のなかで冷静に仕留めた。

FW
27 田川亨介 6.5(71分IN)
永井と同じタイミングで前線に。自身のボール奪取がショートカウンターを生み、決勝点に繋がった。

DF
29 岡﨑 慎 ―(87分IN)
リードを奪ったのち右サイドバックで途中出場。時間を使う仲間をサポートし、無失点勝利に貢献した。

監督
長谷川健太 6.5
一進一退の前半を受け、後半は入りから攻勢に。さらに交代選手が結果を残し、4連勝を果たした。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部