キリンチャレンジカップ2021のU-24日本代表対U-24スペイン代表の一戦が7月17日、ノエビアスタジアム神戸で行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

 五輪前のラストマッチとなる日本は、前線の1トップに林大地を起用。2列目は右から堂安律、久保建英、相馬勇紀と並び、ボランチは遠藤航と板倉滉のコンビ。最終ラインは、右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、旗手怜央が入り、GKは谷晃生が起用された。

 試合は、立ち上がりからスペインがボールを支配。ペドリはベンチスタートとなったものの、マルコ・アセンシオやダニ・セバジョスらが起点となって日本ゴールに襲い掛かる。

 日本は終始押し込まれる展開となったが、均衡を破ったのは日本だった。42分、左サイドを単独で突破した久保が中央へグラウンダーのパスを供給すると、走り込んだ堂安が左足を一閃。ゴール左上に叩き込み、ネットを揺らした。劣勢に立たされていた日本が先制に成功し、前半は日本が1-0とリードして終了した。
 
 後半に入ってもスペインが優位に試合を進めた。日本はキャプテンの吉田や先制点の堂安、GKの谷など7人が交代。DF町田浩樹、ボランチの田中碧、GK大迫敬介などが投入された。

 スペインも後半途中からEUROで最優秀若手選手賞を受賞したペドリを投入して攻勢を強める。すると77分、そのペドリのスルーパスからチャンスを広げ、最後はクロスをハビ・プアドが左足で押し込んだ。スペインが1-1の同点に追いついた。

 その後もスペインに攻め込まれるものの、GK大迫の再三のビッグセーブなどで追加点を許さない。84分には三好康児のスルーパスに反応した上田綺世に決定機。しかし、シュートは相手GKの好守に阻まれた。

 結局、試合は1対1でタイムアップ。日本は五輪前最後のテストマッチをドローで終えている。日本は22日に東京五輪の初戦、南アフリカ戦を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!