東京オリンピックの男子サッカーは7月22日、各地でグループステージ初戦の8試合を開催。札幌ドームで行なわれたグループCは、オーストラリアがアルゼンチンに完勝し、エジプトとスペインは引き分けに終わった。

 優勝候補のスペインは、エジプトと対戦。EURO2020で活躍したペドリやウナイ・シモンら勢揃いのベストメンバーで、ゲームをコントロールするものの、ポストを叩くシーンなど、なかなかゴールを奪えず。エジプトを相手に無念のスコアレスドロー。

 浦和レッズ所属のDFトーマス・デンが主将を務めるオーストラリアは、アルゼンチンと対戦。14分にオーストラリアのラクラン・ウェールズがクロスを押し込み先制すると、前半ロスタイムにはアルゼンチンのフランシスコ・オルテガが2枚目のイエローカードで退場。その後、後半にオーストラリアが追加点を決め2₋0で勝利した。

 グループCの結果と順位は以下の通り。
 
グループC/1節の結果
エジプト0-0スペイン
アルゼンチン0-2オーストラリア

グループC順位
順位 チーム 勝点/得失点差
1 オーストラリア 3/+2
2 エジプト 1/+−0
3 スペイン 1/+−0
4 アルゼンチン 0/−2

 グループCの次節は25日、札幌ドームにて。16時30分からエジプト対アルゼンチン、19時30分からオーストラリア対スペインの試合が行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部