[東京五輪 グループステージ第3戦]日本 1-0 チリ/7月27日/宮城スタジアム

【日本代表・総評】

対応がルーズになりがちな敵の最終ラインの背後を狙い、前半からシュートチャンスを多く作るが、決めきれず。後半も押し気味に試合を進め、相手ゴール前に何度も迫り、そして途中出場の田中が決勝弾。8強進出を決めた。

【個人採点・寸評】
GK
18 山下杏也加 5.5
ハイボールや足もとの処理がやや不安定。ただ、時間の経過とともに持ち直す。69分のピンチにはヒヤリとさせられた。

DF
2 清水梨紗 5.5
鋭いクロスなど右サイドからチャンスメイクした一方、69分には自陣ゴール前で競り負け、決定的なシュートを許す。
 
DF
3 宝田沙織 6
今大会初出場。堅実なディフェンスのほか、中盤につけるパスや自ら持ち運ぶなど、攻撃面でも良さを見せた。

MAN OF THE MATCH
DF
4 熊谷紗希 7
高さではさすがの強さを発揮。エリア内で寄せられても、サイドに引っ張り出されても、1対1でも落ち着いた対応。完封勝利の最大の功労者。キャプテンの存在感は絶大だった。

DF
17 北村菜々美 6
同サイドでひとつ前の杉田を活かすパス出しが光る。しっかりリスク管理するなど守備でも大きな失態はなかった。

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
MF
6 杉田妃和 6
テンポ良くボールを動かして攻撃を組み立てる。17分、岩渕のスルーパスに反応して決定機を迎えるも決めきれず。

MF
8 三浦成美 6(83分OUT)
パスコースを作る動きでポゼッションを高める。33分の思い切ったロングシュートはバーの上。

MF
14 長谷川唯 5.5(66分OUT)
献身的なプレスバックなど素早い攻守の切り替えで奮闘も、目に見える数字は残せず。36分のミドルはポストの脇。
 
MF
20 林穂之香 6(54分OUT)
激しいチェックでミドルゾーンの守備を引き締める。状況に応じたプレー選択など、クレバーな振る舞いも。

FW
9 菅澤優衣香 5.5(HT OUT)
的確なポジショニングでパスを引き出し、フィニッシュやラストパスを披露。だが、欲しかったゴールは奪えず前半だけで退く。

FW
10 岩渕真奈 6.5
開始1分でシュートと、序盤から積極的な姿勢を見せる。随所に質の高いプレーを見せ、力強いポストから田中のゴールをアシスト。

【五輪代表PHOTO】日本女子 0-1 チリ女子 |途中出場の田中が決勝点を奪う活躍!決勝トーナメント進出を決める重要な勝利に!
 
途中出場
FW
11 田中美南 7(HT IN)
2トップの一角に入る。さっそくCKのチャンスで惜しいシュートを放つ。53分に左足で狙ったがGKにキャッチされたが、77分には岩渕のお膳立てから値千金の決勝弾!

MF
12 遠藤 純 5.5(54分IN)
左サイドに入る。58分、59分と立て続けにシュートチャンスを掴むが、ネットは揺らせず。

MF
21 木下桃香 6(66分IN)
今大会初出場。右サイドに入る。プレーに絡む回数が多く、攻撃の強度を落とさない働きぶり。
 
MF
7 中島依美 ―(83分IN)
1点リード後、ボランチに入る。クローザー役を全うした。85分には強烈なミドル。

監督
高倉麻子 6.5
前節からスタメン5人を変更。勝利が欲しい一戦で、チームを前向きにさせ、望みどおりの成果を得る。田中の投入も当たった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【五輪代表PHOTO】大仕事をやってのけた!決勝ゴールを叩き込み、日本を決勝T進出へ導いた田中美南!