[J1リーグ3節]G大阪2-1大分/7月27日(火)/パナソニックスタジアム吹田

【チーム採点・寸評】
G大阪 6.5
課題のセットプレーで追う展開を強いられたが、終盤に劇的な2得点。過密日程の4連戦目にもかかわらずチーム全員で意地を見せ、ついに降格圏を抜け出した。

【G大阪|採点・寸評】 
GK
1 東口順昭 6
大分の拙攻もあって枠内シュートに脅かされる場面は少なかった。終始コーチングでも周囲を鼓舞。戦う気持ちも見せた。

DF
13 菅沼駿哉 5.5(79分OUT)
前半は前に出て出足のいい守備も見せたが、クロス対応など要所でマークを外す。直接失点には絡んでいないが、呉屋にも手こずった。

3 昌子 源 6.5
昨年の仙台戦で3発を許した長沢に対して厳しく対応し、自由にプレーさせず。キャプテンマークも巻いて、最終ラインを引き締めた。

19 キム・ヨングォン 6.5
守備では前半、小野瀬との呼吸が合わない場面もあった。攻撃ではドリブルで持ち上がり、ビルドアップにも工夫。決勝点の場面は冷静なフィードも光った。
 
MF
17 奥野耕平 5.5(50分OUT)
前半、イージーミスでピンチも招いた。攻撃では期待された動きを果たせず、後半早々に交代したが、やむを得ない。

29 山本悠樹 6
一時期の不調を完全に抜け出し、いい時の姿を取り戻した。守備で弱みを見せる局面が少なく、ボールを数多く触り、リズムを作った。

6 チュ・セジョン 5.5(69分OUT)
山本とのコンビでバランスを意識。両ウイングバックが攻撃で低調だったため得意のパスも回数は少なかった。相変わらず守備の局地戦は苦手。

8 小野瀬康介 5.5
本職ではない左サイドでプレー。右足のクロスを期待されるも中と合わなかった。疲れもある中で、最後まで守備に奮闘した。
 
MF
28 ウェリントン・シウバ 5(69分OUT)
点を取りたい気持ちが空回りしたか、ドリブルもパスもミスが多く、期待はずれの出来。前半のシュート機も打ち切れなかった。

FW
20 一美和成 6(69分OUT)
シャドーの位置でプレーした試合では一番の出来。積極的に仕掛ける姿勢もあった。高尾の投入後はよりプレーに冴えも。

18 パトリック 6.5
相手が嫌がるところに飛び込み脅威に。終盤はレアンドロと役割を分担。決勝点の場面は宇佐美が驚くほどの完璧なポストプレーも。
 
交代出場
DF
27 高尾 瑠 6.5(50分IN)
ACLから帰国後、初のプレー。やはり本職のポジションだけに右サイドが生き返った。投入直後にはゴール前に飛び込み決定機にも絡む。

MF
10 倉田 秋 6(69分IN)
引かれた大分に対して、あの手この手で攻撃を工夫。両サイドに流れてチャンスも作り、矢島とともに中盤を活性化。

MF
21 矢島慎也 6(69分IN)
逃げ切りモードでベタ引きの大分にチームが手こずると見るや、下がって受けてボールを触るなど狙いのあるプレーを見せた。

MAN OF THE MATCH
FW
39 宇佐美貴史 7(69分IN)
投入直後はややゲームに入りきれなかったが徐々にドリブルでも仕掛け、シュート意識も見せた。悩めるエースが土壇場で意地を見せ、見事に勝利に導いた。

FW
9 レアンドロ・ペレイラ 7(79分IN)
不完全燃焼が続いていた最近の試合だが、動きにキレもあり、引いて起点となりつつ最前線にも顔を出す。個の力でこじ開けた同点弾が試合の流れを変えた。

監督
松波正信 6.5
機能していなかったサイド攻撃に後半早々テコ入れ。リズムを引き寄せながらも一度は大分に先手を取られたが強気なカードを切り続けて勝ち切った

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【動画】宇佐美の劇的ボレー弾でG大阪が逆転勝利!大分戦のハイライトをチェック!
 
【チーム採点・寸評】 
日程的に有利な状況だけに前半から狙い通りの動かし方でゲームを進めた。先手を取ったあと決定機を作りながらも2点目を取りきれなかったことが最悪の結果を招いた。

【大分|採点・寸評】
GK
22 ポープ・ウィリアム 6
前半から要所を締め、ミスはなかったが痛恨の逆転負け。2失点はしたが、いずれもノーチャンスだった。

DF
19 上夷克典 6(81分OUT)
相手のサイド攻撃が低調だったこともあり、守備で後手を踏む場面は少なかった。ミスもあったが、フィードで前への意識も持っていた。

14 エンリケ・トレヴィザン 5.5
パトリックに対して厳しく対応し、うまく封じ込めていた。こぼれ球に鋭く反応し先制点もゲット。2失点目はパトリックに競り負けたのが原因。

3 三竿雄斗 5.5
香川との連係もよく、要所で身体を張って粘り強く対応。攻撃に転じた際は、前方にも顔を出し、積極性も見せた。
 
MF
17 井上健太 6(81分OUT)
立ち上がりはややセーフティにプレーしていたが、徐々にサイドで鋭いプレーを披露。カウンターの場面で呉屋に決定的なクロスも供給した。

6 小林裕紀 6
中盤を幅広く動き回り、要所でカウンターを牽引する好パスも見せた。前線の守備が緩く、終盤はかなり負担が増していた。

40 長谷川雄志 5.5(66分OUT)
最終ラインに下がってビルドアップにも関わったが、自陣でイージーなパスミスもあったのは減点材料。足をつって無念の交代に。

2 香川勇気 6
サイドの攻防で奥野に完勝。危ない場面で自陣の綻びをフォローする献身的な動きも見せていた。CKで競り勝ったことが得点につながった。
 
MF
8 町田也真人 6(58分OUT)
プレスのスイッチも入れ、アグレッシブにプレー。決定的なプレーはなかったが、守備で効いていただけに交代はやや早かった印象だ。

25 小林成豪 6(HT OUT)
技術の高さは確か。前半も鋭いドリブルで切れ込むなど個でチャンスを作り出したが、前半のみでピッチを後にした。

FW
20 長沢 駿 5.5
長いボールに懸命に競ったが、終始苦しい形で昌子に封じられた。前半、最高のクロスが上がるもシュートミス。同点ゴールには寄せきれず。
 
交代出場
MF
10 野村直輝 6(HT IN)
投入直後から、ピッチ内で存在感があった。先制点の場面はCKで正確なキックを蹴ったことが得点につながった。

FW
33 呉屋大翔 6(58分IN)
裏抜けから獲得したCKが先制弾に繋がる。その後のチャンスもあっただけに、ゲームを決める一発が欲しかった。

DF
49 羽田健人 4.5(66分IN)
長谷川のアクシデントに伴ってピッチに送り出されたが、バイタルを引き締めることができず、動きも緩慢。守備で全く効いていなかった。

DF
41 刀根亮輔 ―(81分IN)
守備固めで投入されながらも、要所を締めきれなかった。同時投入されたサイドの梅崎を生かしきれず、攻守で低調な結果に。

MF
27 梅崎 司 ―(81分IN)
ほろ苦い大分での再デビュー戦となった。サイドで起用されたのは疑問だが、守勢に回る場面が多く、攻撃で全く良さを出せず終わる。

監督
片野坂知宏 4.5
長谷川の交代は痛手だったが、それでも先手は取っていた。交代がはまらず、終盤の苦しい時間帯にも修正できなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェスト編集部