東京五輪の男子サッカー準々決勝でニュージーランドと対戦した日本は、延長戦を含む120分を0-0で終えた後、PK戦で4-2の勝利を収め、準決勝へ進出した。

 予想通り、厳しい試合だった。苦手なタイプの格下チームと戦うほうが良いのか、得意なタイプの格上チームと戦うほうが良いのか。これは微妙なところ。

 日本代表が得意とする戦術はプレッシングだ。メキシコ戦でハイプレスが猛威を振るったように、スピードと運動量、規律のある日本代表はプレッシングにこそ大きな強みがある。特にポゼッションスタイルの相手には効き目が抜群だ。

 しかし、ロングボール戦術を得意とするニュージーランドには、ハイプレスがあまり有効ではない。プレスをかけてもボールが頭上を越え、空振りになってしまうからだ。

 ニュージーランドは3バックを敷き、最終ラインでボールを持ちやすいシステムを採用した。対する日本は[4-4-2]が基本なので、2トップでプレスに行くと、1枚足りない。かといってメキシコ戦のように、サイドハーフが数を合わせるために中盤を離れてプレスに出て行くと、ロングボールを蹴られたときにMFが置き去りにされ、薄くなった中盤でセカンドボールを拾われやすくなる。また、行ったり来たりで、体力の消耗も激しい。

 この相性の問題があり、日本はあまりハイプレスに行かなかった。おそらく、想定済みの展開だろう。高い位置でボールを奪うのは、ある程度諦めて、ミドルゾーンで構え、ミドルカウンター、ロングカウンターか、それが無理なら一旦ポゼッションして敵陣に押し込み、分厚い攻撃を続ける。そんなプランだったはず。

 しかし、面食らったとすれば、逆にニュージーランドのほうが積極的にハイプレスに来たことだ。グループステージで採用した[5-4-1]ではなく、[5-3-2](攻撃時3-1-4-2)にシステムを変えたことに、相手の狙いが表われていた。
 
 ニュージーランドは、2トップが吉田麻也と冨安健洋にプレスをかけ、2人のインサイドハーフが遠藤航と田中碧を捕まえた。中央を切って、日本のビルドアップを外回りに誘導する。そして空いた橋岡大樹や旗手怜央には、ウィングバックが前へ出て寄せるか、インサイドハーフがスライドして寄せる。酒井宏樹の欠場もあり、遠藤と田中を自由にさせなければ日本のビルドアップは詰まる、と分析したのではないか。

 実際、日本は詰まった。元々日本代表は歴代のチームを見ても、ハイプレスには滅法弱い。日本の強みはポゼッションと言われることもあるが、それは相手がリトリートして敵陣で持たせてくれる状況が前提だ。自陣に押し込まれると、むしろ押し込まれっぱなしになる。また、ハイプレスを受けてビルドアップが困難ならば、前線でキープ力のある大迫勇也に頼りたい状況だが、いない。

 日本の前提は、敵陣でプレーすることだった。特に今回の五輪代表は、敵陣に入ってからの仕掛けやコンビネーションの質が高い。久保建英や堂安律を中心に奇術師のような攻撃を見せてきた。その質を生かし、引いた相手を今ひとつ崩し切れなかった初戦の南アフリカ戦の追試として、この試合に臨んだはずだ。

 その象徴が、旗手怜央のサイドバック起用だ。旗手はDFとしての守備力は高くないので、敵陣でのプレーを想定して、スタメンに選んだ選手になる。敵陣に押し込んだとき、サイドから仕掛けの連動性を高め、引いた相手を崩す。そんな奥の手を用意した。

 ところが、ニュージーランドのハイプレスにより、逆に日本は自陣でのプレーが増えてしまった。敵陣での攻守(ハイプレス&個の仕掛け)が得意な日本が、苦手な自陣での攻守(ビルドアップ&低いブロック)を強いられた。日本のウィークポイントを突くニュージーランドの戦略は的確だった。
 
 一方、51分にニュージーランドはウィンストン・リードが負傷交代し、[4-4-2]の中盤ひし形に変更したが、これはひとつのターニングポイントになり得た。グループステージのホンジュラス戦では、慣れないDFをリードの代わりに投入し、大失敗して3失点を喫したこともあり、日本戦ではリードの代役を立てず、4バックへの変更を選択した。

 システム的にはスイーパーを削ってトップ下に移した格好なので、思い切った変更だった。ニュージーランドはプレッシングの枚数が増え、さらに疲れが出る日本のMFのすき間に受け手を増やすことで、地上の縦パスもよく通るようになった。交代でトップ下に入った12番のカラム・マコワットが、キープレーヤーだった。

 ターニングポイント以降、ニュージーランドに押し込まれる傾向が強くなると、いよいよ旗手をサイドバックで起用した意味が消える。69分に日本は中山雄太を投入し、旗手をサイドハーフへ上げて、「日本が敵陣に押し込んでいかに崩すか」というゲーム戦略の前提を捨てた。ここは現実的だ。攻守のバランスを重視し、ブロックも一段低く下がった。
 
 ただし、劣勢ではあるが、一方ではニュージーランドは4バックに変わって幅を抑え切れなくなっているので、攻撃時はサイドからスピードを上げやすくなる。76分に橋岡大樹のクロスから旗手怜央がヘディングでチャンスを迎えた場面、あるいは81分に堂安律がグラウンダーで折り返して上田綺世がビッグチャンスを迎えた場面などは、相手が5バックならあれほどサイドから深く内側へ切り込むのは難しかったはずだ。

 ニュージーランドの4バック変更は、互いにビッグチャンスが増えるターニングポイントだった。しかし、それでも互いのDFとGKが水際で防ぎ、結局0-0で試合を終えることになった。

 日本はPK戦でどうにか勝利した。しかし、課題が多い試合だった。得意な敵陣でのプレーをいかに増やすか。苦手な自陣でのプレーをいかに切り抜けるか。この点が準決勝以降も鍵を握るだろう。

取材・文●清水英斗(サッカーライター)

【五輪代表PHOTO】GK谷晃生がスーパーセーブ!PK戦に勝利し歓喜に沸くU-24日本代表の笑顔を厳選!