[東京五輪 準々決勝]U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド/7月31日/茨城カシマスタジアム

【日本代表・総評】
6.5
「思っていたとおり、アバウトでも長いボールを放り込んでくる相手には手こずった。攻撃面も物足りなかったけど、一発勝負でなによりも重視すべきは結果。良い時は勝てるけど、良くない時でも勝ち切れるのは、チームとしてまたひとつ自信になったと思う。しっかり回復して、スペインとの準決勝に臨んでほしい」

【個人採点・寸評】
MAN OF THE MATCH
GK
12 谷 晃生 8
「なによりもPK戦で1本止めたのがデカい。これで日本に流れをグッと引き寄せた。延長戦を含めて、試合中に危ないシーンはほぼなかったとはいえ、無失点に抑えてみせた。ハイボールの処理では抜群の安定感。若い選手って、こういう短期決戦の大会で自信をつけると、一気に乗ってくる。グループステージでも良いパフォーマンスを見せていて、それが今につながっていると思う。ちょっと早い話かもしれないけど、9月のワールドカップ予選ではピッチに立っているかもしれないね」

DF
15 橋岡大樹 6
「前半から積極的に仕掛けていた。背後を狙われて守備面で苦労したとは思うけど、致命的なピンチを招くようなこともなかった」

DF
5 吉田麻也 6.5
「相手のハイプレスに手を焼いたのか、いつもよりミスが目についたかな。ただ、108分には決められてもおかしくないシュートに右足をすっと出してブロック。そしてPK戦では、決めれば勝ちの4人目のキッカーとして、プレッシャーがかかるなかで確実に成功。頼りになる存在だった」

DF
14 冨安健洋 6
「うーん、今ひとつの出来だった。まだコンディションが完全に仕上がっていないのかもしれない。体格差のあるウッドにキープされて、奪い切れない場面も少なくなかったけど、ゴールを許さなかったのも事実。要所は締めていた。累積警告で次のスペイン戦は出場停止なのが残念」

DF
13 旗手怜央 6(91分OUT)
「最初はサイドバックで起用されて、効果的にロングボールを入れてくる相手に対しては、ちょっとやりにくそうだった。途中から中盤にポジションを移して、守備の負担が多少、軽減されてからは、推進力あるプレーなど持ち味を発揮していた」
 
MF
6 遠藤 航 6
「10分、林のクロスにファーで合わせた決定的なシュートは仕留めたかった。それはマイナスポイントだとして、フィジカルに優れるニュージーランドの選手に局面のバトルで一歩も引かず。守備での高い貢献度を加味してプラマイゼロの評価」

MF
17 田中 碧 6(91分OUT)
「中盤の攻防で、後手を踏んだわけではないけど、先手を取れていたわけでもない。攻撃でも守備でも、最低限のタスクはこなしていた。73分の思い切ったミドルは、彼の実力を考えれば、せめて枠に飛ばしたかった」

MF
10 堂安 律 6(106分OUT)
「ゴールは取れなかったものの、よくプレーに関与して、チャンスに絡む回数も多かったし、“俺がなんとかする”という強い気持ちが伝わってくるパフォーマンスだった」

【五輪代表PHOTO】GK谷晃生がスーパーセーブ!PK戦に勝利し歓喜に沸くU-24日本代表の笑顔を厳選!
 
MF
7 久保建英 5.5
「この日は珍しく、圧倒的なオーラを放つことはできなかった。敵の執拗なマークに苦しめられていた。見せ場はほぼなし。まあ、こういう時があってもいいと思う。全部が全部、うまくいくわけではないし。次の相手はスペイン。燃えないわけがない。必ず周囲を納得させる活躍を見せてくれるはずだよ」

MF
16 相馬勇紀 6(69分OUT)
「いつもどおりに、攻撃の両局面でアグレッシブに振る舞っていた。試合を重ねるごとにプレーレベルが上がってきている感じで、左サイドでの存在感が増しつつある」

FW
林 大地 5.5(69分OUT)
「ガムシャラに頑張っていたのは間違いない。でも、フィニッシュになかなか顔を出せず、1トップとしては物足りない内容ではあった。グループステージでの奮闘と比較すると、インパクトは残せなかった。5バック気味に構える相手に、数的不利の状況が多くて難しかったと思う」

〈途中出場〉
DF
3 中山雄太 6(69分IN)
「少しバタバタしていた時間帯に左サイドバックで投入されて、質の高いプレーでチーム全体に落ち着きを与えた。後ろから好配給を披露。効いていたね」

FW
18 上田綺世 5.5(69分IN)
「堂安のクロスに反応した82分のビッグチャンス、シュートはGKの正面。ポジションの取り方はさすがだったけど、だからこそ決めてほしかった」
 
MF
11 三笘 薫 5(91分IN)
「攻撃を勢いづかせたり、決定的な仕事が求められていたはず。でも、延長戦に入って疲れが出始めた相手を何度もぶっちぎるかと思いきや、そうはならず。自分のストロングを出し切れなかった印象。上田のシュートチャンスを演出したスルーパスは良かった」

MF
4 板倉 滉 6(91分IN)
「シンプルにパスを捌いて攻守をつなぐ。与えられた役割を全う。セットプレーでも脅威になっていた」

MF
8 三好康児 5(106分IN)
「周囲とうまく連動できなかった部分もあったのか、何かを劇的に変えるような働きを示すことはできなかった」

監督
森保 一 7
「苦しみながらもベスト4に導いた。途中投入した選手たちが機能したかと言えば、イメージ通りでなかったとは思う。それでも結果を出したことを称えたい」

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

【五輪代表PHOTO】U-24日本0(4PK2)0U-24ニュージーランド|谷が勝利を引き寄せるPKストップ!ロンドン大会以来となるベスト4ヘ!