8月18日に天皇杯ラウンド16の7試合が各地で開催された。

 今季はいまだ公式戦無敗の川崎フロンターレは清水エスパルスと対戦。57分に小林悠のPKで先制し、64分に清水の中山克広に同点弾を決められるも、74分にレアンドロ・ダミアンのゴールで2-1。盤石の強さで準々決勝進出を決めた。
【PHOTO】神様!仏様!ダミアン様!圧巻のヘディングで勝ち越しゴールをあげたレアンドロ・ダミアンを特集!


 名古屋グランパス対ヴィッセル神戸は、1-0で名古屋の勝利。スコアレスで迎えた89分、柿谷曜一朗から前田直輝へとつないだボールを、最後はシュヴィルツォクがフィニッシュ。期待の新助っ人の移籍後初ゴールが決勝点となった。

 京都サンガと相まみえた浦和レッズは、15分に岩波拓也のヘディングシュートでリードを奪う。その後、スコアボードは動かず、浦和が1-0で勝ち切った。

 鹿島アントラーズ対V・ファーレン長崎は、3-1で鹿島が逆転勝利を収める。7分に長崎の毎熊晟矢に先制弾を許す展開。その後、雷の影響で試合は一時中断したが、再開後、50分にアルトゥール・カイキ、60分にエヴェラウド、74分に林尚輝と得点を重ねた鹿島が次ラウンドに駒を進めた。

 その他、サガン鳥栖に1-0で勝利したセレッソ大阪、延長戦の末にザスパクサツ群馬を2-1で下した大分トリニータ、同じく120分の戦いでJFL王者ヴェルスパ大分に1-0で競り勝ったジュビロ磐田が8強進出を果たした。

 また、未消化分の3回戦・ガンバ大阪対松本山雅FCも同日に開催。試合は延長戦にもつれ込み、G大阪が柳澤亘、井手口陽介のゴールで2-0の勝利を手にした。G大阪は9月22日に湘南ベルマーレとラウンド16を戦う。

 なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は9月24日に実施。同ラウンドは10月27日(予備日11月17日)の開催を予定している。
 
▼天皇杯ラウンド16の結果
群馬 1EX2 大分
名古屋 1-0 神戸
京都 0-1 浦和
C大阪 1-0 鳥栖
鹿島 3-1 長崎
川崎 2-1 清水
V大分 0EX1 磐田

▼3回戦(未消化分)の結果
G大阪 2EX0 松本

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【天皇杯ラウンド16PHOTO】川崎2-1清水|小林、ダミアンの強力FWがゴール!川崎が準々決勝進出!

【サポーターPHOTO】独特なリズム・力強い手拍子で選手を後押しした清水エスパルスサポーター!