[J1第25節]横浜5-0仙台/8月21日/ニッパツ三ツ沢球技場

【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
持ち前の攻撃力をいかんなく発揮し、2試合連続の5ゴールで大勝した。序盤こそ仙台の粘り強い守備に苦労したが、L・セアラの先制点をきっかけにゴールショーが開幕。これでリーグ戦12試合負けなしに。

【横浜|採点・寸評】
GK
1 高丘陽平 6
危険な場面は皆無に等しい。バックパスの処理も安定感が光り、前へ飛び出すタイミングも良好。

DF
25 小池龍太 6
右SBとして及第点の動きを披露し、右サイドハーフに移ってからもチームのために走り続けた。

DF
24 岩田智輝 6
久しぶりのCB起用にも難なく対応するセンスはさすが。違和感なくプレーして無失点に貢献。
 
DF
4 畠中槙之輔 6
T・マルチンス不在のディフェンスラインを統率。積極的に前へチャレンジしてボールを奪った。

DF
33 和田拓也 6.5
神出鬼没な動きで攻撃に厚みを加え、守備でもピンチの芽を未然に防ぐ。さらにポスト直撃弾も。

MF
6 扇原貴宏 6(61分OUT)
相手の間で受けて、さばくことで攻撃にリズムをもたらす。ロングボールの精度はやや欠いていた。

MF
8 喜田拓也 6
相手ゴールに迫る意欲は素晴らしい。しかしながらフィニッシュの局面での精度が足りなかった。

【PHOTO】試合を盛り上げた横浜オフィシャルチアリーダーズ「Tricolore Mermaids」!
 
MF
10 マルコス・ジュニオール 7(71分OUT)
背番号10のテクニックと闘志はチームに必要不可欠。勝利を決定付ける今季7点目も決めた。

FW
7 エウベル 6.5(71分OUT)
チャンスメイクの多くはこの選手から。味方との連係が向上したことでドリブル突破も威力倍増。

MAN OF THE MATCH
FW
9 レオ・セアラ 7.5(78分OUT)
貪欲にゴールを狙い続けてハットトリックを達成。期待のストライカーがいよいよ本領発揮だ。

FW
38 前田大然 6(61分OUT)
得点王を目指すのならば決めなければいけない決定機があった。疲れの色が見えて早めの交代に。
 
途中出場
MF
14 天野 純 6.5(61分IN)
精度の高い左足から殺傷能力の高いパスを何度も繰り出し、最後に右足でのワンタッチゴールも。

FW
18 水沼宏太 6.5(61分IN)
積極果敢なチェイシングでチーム3点目を呼び込む。自身のJ1通算300試合出場に花を添えた。

MF
26 渡辺皓太 6(71分IN)
5試合ぶりの出場でも試合勘は鈍っていなかった。美しいターンから相手ゴールに迫っていった。

DF
27 松原 健 6.5(71分IN)
鋭いスルーパスと正確なサイドチェンジで攻撃に彩りを加え、天野の得点のアシストにも成功。

DF
5 ティーラトン −(78分IN)
安定感あるキープでチーム全体を落ち着かせる。途中出場の意味をしっかりと理解したプレー。

監督
ケヴィン・マスカット 6.5
大勝もさることながら用兵の妙が光る。能動的なメンバーチェンジで次戦以降への備えも万全。

【動画】横浜が自慢の攻撃力で5発大勝! 仙台戦ハイライト

【J1第25節PHOTO】横浜5-0仙台|L・セアラがハット!横浜が3連勝&今季最長12戦無敗!
 
[J1第25節]横浜5-0仙台/8月21日/ニッパツ三ツ沢球技場

【チーム採点・寸評】
仙台 5
現時点での力の差を見せつけられる形での大敗。最大の誤算はこれまでチームを何度も救ってきたスウォビィクのミスによる先制点献上で、チームとしては攻守ともに完全に沈黙する形で失点を重ねた。

【仙台|採点・寸評】
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 4
序盤から好セーブを連発していただけに、飛び出しながらも触れなかった1失点目が悔やまれる。あのプレーがこの試合のすべて。

DF
25 真瀬拓海 4.5
マッチアップした前田の爆発的なスプリント能力にお手上げ。相手のシュートミスに助けられた。

DF
5 アピアタウィア久 5
個人能力の高さでゴールを守り、強烈なミドルシュートも。大敗したがポテンシャルの高さを発揮。
 
DF
3 福森直也 4.5
目まぐるしくポジションチェンジしてくる相手の前線を捕まえきれず。対応が終始後手に回った。

DF
14 石原崇兆 4.5
なんとかマイボールにしても相手の素早いプレッシャーに苦しみ、味方にパスをつなげなかった。

MF
17 富田晋伍 4.5(66分OUT)
中盤の底にいたものの危険なスペースを埋めきれず。M・ジュニオールへの対応に手を焼いた。

MF
6 上原力也 4.5
誰もいないスペースへパスを出して貴重な攻撃機会を終わらせる。あのクオリティでは厳しい。
 
MF
18 中原彰吾 4.5(66分OUT)
守備に追われてエネルギーを消耗してしまった。キックの精度も低く、ボールは明後日の方向へ。

MF
7 関口訓充 5(78分OUT)
ベテランらしく老獪なボールキープで味方の押し上げを待つ。怖さこそないが厄介なプレーをした。

FW
15 西村拓真 5(78分OUT)
ハーフウェーライン手前から放った超ロングシュートは枠をとらえていたがGK高丘にセーブされた。

FW
42 富樫敬真 5(66分OUT)
加入後初出場は古巣との一戦。喜田とボールを奪い合うシーンは横浜サポーターにとって“胸熱”だった。
 
途中出場
MF
32 氣田亮真 5(66分IN)
苦労して奪ったボールを相手の素早いプレッシングで手放すことに。見せ場を作れなかった。

MF
8 松下佳貴 5(66分IN)
チームとしてまったくボールポゼッションできない展開で相手陣内に入ることすらままならなかった。

FW
33 フェリペ・カルドーゾ 5(66分IN)
防戦一方の試合で何もできず。ただハイボールを競り合うだけでゴールの匂いは一切なし。

FW
11 赤﨑秀平 −(78分IN)
点差が離れた状態で満を持して登場したが、この試合ではシュートチャンスに恵まれなかった。

DF
4 蜂須賀孝治 −(78分IN)
途中交代してキャプテンマークを巻いた。必死にチームを鼓舞したものの結果は苦いものに。

監督
手倉森誠 5
力の差通りのスコアで完敗。序盤こそ粘っていたが、失点をきっかけにゲームプランも崩壊した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●藤井雅彦(ジャーナリスト)