J2リーグは8月22日、第26節の7試合を各地で開催。2位の京都、3位の新潟と上位陣が勝利した。

 京都は敵地で水戸と相まみえた。13分にピーター・ウタカが先制点を挙げ、47分には松田天馬が加点。守備でも相手の攻撃をシャットアウトし、2-0の盤石の勝利を収める。消化試合がひとつ少ない京都は、首位磐田に勝点1差に迫った。

 ホームに相模原を迎えた新潟は、29分に藤本淳吾に決められ先制を許す展開も、32分に福田晃斗、51分に谷口海斗が得点し、逆転に成功。終了間際の相模原の猛攻も凌ぎ切り、2-1で4試合ぶりの白星を掴み取った。

 クラブ記録更新となるリーグ8連勝がかかる山形は、琉球と対戦。9分に武田英寿にゴールを割られ、序盤にビハインドを背負ったが、前半のうちに試合をひっくり返す。21分に中原輝が同点弾を挙げると、32分に加藤大樹が逆転弾をゲット。だが、84分に上原慎也に同点ゴールを奪われ、2-2のドロー決着。8連勝は逃すも、無敗記録は12に伸ばした。

 群馬対山口の一戦は、群馬が3-0で完勝。前半に進昂平、北川柊斗、中山雄登がゴールネットを揺らす。3-0で迎えた後半は追加点こそ奪えなかったが、今季初の“1試合3ゴール”で勝点3を手にした。
 
 その他、松本対愛媛は1-0で愛媛の勝利、秋田対長崎は1-1の引き分け、北九州対町田は2-1で北九州が10試合ぶりの勝利を挙げた。

 J2リーグ第26節の結果は以下のとおり。

▼8月21日開催
栃木 2-2 東京V
甲府 1-1 千葉
金沢 1-2 磐田
岡山 1-0 大宮
▼8月22日開催
松本 0-1 愛媛
新潟 2-1 相模原
秋田 1-1 長崎
山形 2-2 琉球
水戸 0-2 京都
群馬 3-0 山口
北九州 2-1 町田

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!