[J1リーグ26節]札幌0-2名古屋/8月25日(水)/札幌厚別

【チーム採点・寸評】
札幌 5.5
キックオフ直後から積極的に攻め込み、パスをつないでいったパフォーマンスはポジティブなもの。しかしながら、試合全体を俯瞰すればそれらはすべて名古屋のコントロール下だったということ。選手交代後も攻撃力は上がらず、ホームで逃げ切りを許してしまった。

【札幌|採点・寸評】
GK
1 菅野孝憲 6
ピンチの数が多くなかったためプレー機会も多くなかったが、結果としては少ないチャンスを決めきられた。

DF
3 柳 貴博 5.5(HT OUT)
前方への積極性は見せていたものの、前半で2点差をつけられたこともあってハーフタイムで退くことに。

2 田中駿汰 5.5
自陣でのパスが中途半端になったところを拾われていた。思い切ったプレーができていなかったように見える。

5 福森晃斗 6
この選手のフィードから好機が作れていればよかったのだが、名古屋の守備は固く、跳ね返されてしまった。
 
MF
7 ルーカス・フェルナンデス 6(77分OUT)
この選手のドリブルは打開の手段になり得たが、相手のタイトかつ分厚い守備に阻まれてしまっていた。

14 駒井善成 5.5
中盤でバランスをとりながらプレーをしていたが、攻撃のテンポをなかなか変えられず、相手のペースにしてしまった。

6 高嶺朋樹 6
いい形でボールを奪いきることができず、相手のほころびを生み出せなかった。パス配球は安定していたが。

28 青木亮太 5.5
古巣との対戦に気持ちも入っていたことだろうが、結果としては相手守備を脅かすプレーは見せられず。
 
MF
9 金子拓郎 6
いいところでボールを受ける場面もあったが、その後のプレーにもうひとつ、精度が欲しかった。

35 小柏 剛 6
相手がスペースを埋めていたこともあり、持ち前のスピードをなかなか発揮できず。惜しい場面はあったがしのがれた。

FW
48 ジェイ 6(70分OUT)
前線でのポストワークや下がってきてのスペース作りなど、動きの質は高かった。しかし、ゴールを脅かすには至らず。
 
交代出場
MF
27 荒野拓馬 6(HT IN)
後半から出場し、幅広く動いて相手守備を揺さぶろうとしていた。結実はせずも奮闘は見せていた。

DF
4 菅 大輝 5.5(70分IN)
サイドでハードワークするも、それ以上のものは発揮できていなかった。

FW
33 ドウグラス・オリヴェイラ ―(77分IN)
得点を期待されての出場だったはずだが、可能性を感じさせることはできなかった。

監督
ペトロヴィッチ 5.5
悪い内容の試合をしたわけではないが、先手を取られて難しくなり、これといった良策も打てなかった。
  
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。 
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 7
札幌にボールを持たれる展開だったが、完全に予定通り。ベストなメンバーを組めたわけではないが、そのなかでもしっかりと戦略の約束事を徹底し相手の攻撃を跳ね返し続けた。そして要所で好機を仕留めた決定力も見事。

【名古屋|採点・寸評】 
GK
1 ランゲラック 6.5
厚い守備網を破っても、その後ろにはこの守護神。落ち着いたプレーぶりで堅守を構築してみせた。

DF
6 宮原和也 6
流動的にポジションチェンジをする相手に対しても的確に対応。ついていく場面、受け渡す場面とが滞りなかった。

4 中谷進之介 6.5
前節に続いてディフェンスリーダーとして鋭い動き、ラインコントロールを見せていた。ピンチにも動じず。
 
13 藤井陽也 6
今季初先発ながらも問題なくプレー。クロス対応にも安定感があり、選手層に厚みがついた印象も与えた。

23 吉田 豊 6.5
つなぐプレーとクリアーをするプレーとがハッキリしており、中央の守備陣が落ち着いて対応できる状況を保っていた。

MF
17 森下龍矢 6.5
守備時にはこの選手が最終ラインに加わるというやり方をチームが徹底。右サイドで守備戦略の中心を担っていた。

MAN OF THE MATCH
MF
15 稲垣 祥 7
中盤で運動量を発揮するにとどまらず圧巻の2ゴール。どちらも決して簡単なシュートではなく、得点力の高さを感じさせた。

【動画】少ないチャンスで稲垣が2発!札幌対名古屋のハイライト
 
MF
2 米本拓司 6
的確にスペースを埋めながらも、要所で見せたハードタックルで相手の攻撃をねじ伏せていた。

16 マテウス 6.5
縦へ仕掛けるプレーで相手守備を崩したことに加え、攻撃に切り替わった際の巧みなボール扱いで相手のプレスを乱した。

FW
25 前田直輝 6.5(70分OUT)
プレー全体が良かったわけではないが、2点目をアシストした左サイドからのクロスはあまりにも見事だった。勝負を決めた一蹴。

40 シュヴィルツォク 5(57分OUT)
ポストワークが相手に警戒され、タイトなチェックになかなか仕事をさせてもらうことができなかった。
 
交代出場
FW
8 柿谷曜一朗 6(57分IN)
サイドハーフとうまく連係を保ちながら、前線からの守備をより安定させていた。無失点勝利に貢献。

MF
5 長澤和輝 6(70分IN)
高いキープ力と配球力を生かしてリードした状況を保つ仕事を無難にやってのけた。チームをより安定させた。

監督
マッシモ・フィッカデンティ 7
中2日でのアウェーゲームで、ベストなメンバーを揃えられないなかで守備の約束事をシンプルかつ明確にし、プラン通りに勝点3を奪ったのは見事。
   
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部