日本代表は9月2日、カタール・ワールドカップ・アジア最終予選のオマーン戦に臨み、0-1で敗れた。

 一進一退の攻防だった前半を経て、日本は後半に入っても、依然として目立ったチャンスが生まれない。すると88分にクロスから失点し、0-1で敗れた。

 0-1で敗れた試合直後、テレビインタビューを務めたのは内田篤人氏。まずは吉田麻也へ「0−1という結果をどう感じていますか?」と質問した。

「負けるべくして負けたと思います。テンポも良くなかったですし、コンビネーションも良くなかったです。全然良くなかったと思います」
 
 続けて内田氏は、「次に向けて、どういうところを変えていきたいですか?」と吉田に訊いた。

「まずは、もっとインテンシティを上げないといけないし、思い切ってプレーしないといけない。次に必ず勝点3を取らないといけない状況になったので、まずは良いリカバリーをして、次につなげないといけないと思います」

 次戦は9月7日にカタールで中国戦に臨む。チームを勝利に導けるか、吉田のパフォーマンスに注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーターを特集!

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本0-1オマーン|引いた相手を崩せず…終盤に失点を許しまさかの黒星発進…!

【PHOTO】W杯アジア最終予選オマーン、中国戦に臨む日本代表招集メンバー24人を一挙紹介!