元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで配信中の冠番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』の中で、2シーズンぶりにレンタルでマジョルカに復帰した日本代表MF久保建英について言及した。

 東京オリンピックで3ゴールを挙げるなど、小さくないインパクトを残した久保は、去就が注目されるなか、ラ・リーガでのデビューシーズンを送った古巣への移籍を決断した。

 その久保は、加入から3日後のベティスとの開幕戦でいきなり途中出場を果たすと、続く2試合はスタメンでプレー。日本代表に合流する直前のエスパニョール戦では、何度もチャンスを創出し、MOM級の活躍を見せた。

 その試合の映像を見ながら、内田氏は21分にFWフェルナンド・ニーニョに決定的なスルーパスを出したシーンで、その前のターンとノールックで出したパスを称賛。さらに、全体の印象をこう語った。

「久保くんはコンディションがいいのかな。オフシーズはなかったと思うけど、キレもあるし、技術も高い」

【動画】内田篤人が唸った久保建英のノールックスルーパス
 
 そして、「一番びっくりしているのは…」と切り出し、ピッチ外での振る舞いも称えた。

「インタビューをするんですけど、すごくしっかりしている。(若くして)早くパッと出るとサッカー人生は長いので、『ん〜』という時期もあるものだけど、これだけしっかりしていれば、そういう浮き沈みもないのかな。期待しています」

 テレビ解説を務めた2日のカタール・ワールドカップカップ予選のオマーン戦(0‐1で敗戦)でも、内田氏は久保ら若い世代への期待を語っていた。

 そのオマーン戦で、久保は70分からピッチに立ったものの、短時間では持ち味を発揮することはできなかった。クラブでの好調ぶりを代表でも見せられるか。7日の中国戦に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部