今年の大学サッカー界において最大の発見は? と聞かれたら山梨学院大のFW平河悠だと言っても過言ではない。

 佐賀東高時代から左からの鋭いドリブル突破と正確なクロスが魅力のアタッカーだとは思っていたが、山梨学院大に進み、3年生となった今年のアミノバイタルカップで見た時、その成長ぶりと攻撃の引き出しの多さに衝撃を受けた。
 
 この時は、4-3-3の右ウィングとして高校時代からさらに磨きがかかったドリブル突破を随所に見せ、正確なクロスや積極的なカットインシュートを披露。このキレはある程度予想ができたが、想像を超えてきたのがオフ・ザ・ボールの動きとパスとドリブルのコンビネーションの妙だった。

 一言で言えば神出鬼没。右サイドに止まるのではなく、状況を見て中央、左サイドとスルスルと侵入をしていき、ボールを受けたらドリブルとパスをテンポ良く使い分けて突破の糸口を作り出していた。

 チャンスとなるスペースを常に嗅ぎ分けて、そこに瞬間的なスピードを生かして潜り込み、佐賀東で培ったスペースが限定されたところでのボールタッチを駆使して、的確な判断をする。それを本能のようにナチュラルにこなす。フットボーラーとしてのセンス、インテリジェンスの高さを感じさせる選手になっていたのだ。

 プレーだけではなく結果面でもインパクト大だった。アミノバイタルカップ初戦の桐蔭横浜大戦ではカテゴリーが2つも上で、川崎フロンターレ入りが内定しているGK早坂勇希を擁する関東1部の強豪を相手に、彼はハットトリックを達成したのだ。

「去年から都リーグでも点を取れるようになっていましたが、通用しているのは都リーグだからで、関東や全国に行ったら抑え込まれてしまうのかなと思っていました。でも、初戦の桐蔭横浜戦でハットトリックしてから一気に自信に変わった」

 自分でも疑心暗鬼だった部分が結果によって解消され、さらなる快進撃のきっかけとなった。

 2回戦ではatarimaeni Cup王者の東海大をPK戦の末に下し、3回戦では関東2部の日本大に3-2の勝利。この試合でも平河は決勝ゴールを含む2点を挙げ、初の総理大臣杯出場権獲得に貢献をした。準決勝で優勝した産業能率大に1-2で敗れたが、この試合でも1ゴールをマークし、6ゴールで得点王に輝いた。
 
 そして迎えた総理大臣杯。サイドではなく4-4-2のFWとしてスタメン出場をした平河は、その神出鬼没さにさらに磨きをかけていた。初戦で関西1部の強豪・びわこ成蹊スポーツ大を相手に決勝ゴールを挙げて2-1の勝利を引き寄せると、3回戦は福山大でも1ゴールを挙げて5-1の圧勝。準々決勝では産業能率大とのリベンジマッチを制して、初出場でベスト4まで駆け上がった。
 
 迎えた東洋大との準決勝。2トップの一角ながら、平河は右、左、そして中盤の位置まで幅広く顔を出してボールを受けては、ドリブルとパスを駆使して攻撃のリズムを作り出した。試合は1点のリードを追いつかれる苦しい展開の中で、延長戦に入っても運動量を落とさず、スペースに飛び込んではドリブルとパスでボックス内侵入を狙い続けた。

 だが、フィニッシュまで顔を出すが、ゴールネットを揺らせなかった。縦への仕掛けでシュートレンジまで行っても、シュートはDFのブロックに遭ってしまう。チーム最多の3本のシュートを放ったが、ノーゴール。チームも97分に失点し、1-2で敗れた。

「試合をこなすごとに『やれる』という手応えを感じましたし、いつも通りのプレーが出せていると感じました」

 この言葉が示す通り、彼はアミノバイタル、総理大臣杯を通じて成長をしたことは間違いないが、もともとベースとなる技術、戦術眼、判断力のクオリティが高かったからこそ、相手のレベルが上がっても『いつもの自分』を披露することができたのだった。

 さらに「やっぱり都リーグだと活躍をしてもあまり多くの人に見てもらえない。関東や全国に出れば注目されるチャンスだと思っていた」が、アピールチャンスに対して力まずにナチュラルにプレーできたのも、彼のメンタリティの強さとやはりこれまでコツコツと培ってきた日々がものを言った。

「高校時代からプレースタイルが変わったと思いますが、これも佐賀東の蒲原(晶昭)監督が狭い局面ではポゼッションやドリブルの使い分け、広い局面では思い切って仕掛けるなど、プレー技術と判断をずっと培ってくれたので、それが大学でも僕のベースになっていると思います。大学では岩渕(弘幹)監督が僕に自由を与えてくれて、いろんな新しい景色を見ることができた。本当に感謝しています」

 より魅力的な選手に成長をした彼のもとには複数のJクラブが注目し、具体的なアクションを起こしているクラブもある。これから舞台は再び都リーグに戻るが、彼には過去2年連続で都リーグを制しながらも、昇格決定戦で阻まれ続けた関東2部昇格という悲願がある。
「ずっとあと一歩のところで悔しい思いをしてきた。確実に関東2部に上がりたいし、そこでもっと成長をしたい」

 ステージに立つ権利さえ獲ればやれることは証明できた。だからこそ、なんとしてでも悲願達成をし、次なる高みを目指すために。平河悠の挑戦はまだ序章に過ぎない。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【PHOTO】J内定者から隠れた逸材まで…2021大学サッカー注目プレーヤー