9月7日(日本時間8日)、カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の日本対中国が行なわれ、日本が1-0で勝利した。

 日本は立ち上がりから圧倒的に攻め込み、40分には伊東純也のクロスから大迫勇也が先制点を奪取。追加点こそ生まれなかったが、後半も敵陣に押し込み、1-0で勝利した。

 試合後、先制点をアシストした伊東が、得点シーンを振り返った。

「1対1の状況だったので、シンプルに仕掛けてクロスを狙ってイメージどおりにいきました。

 なかなかサイドでボールを受けられるシーンがなくて、サイドバックが高い位置を取っていたので、そこに任せていたんですけど、やっぱり自分がいったほうがいいなと思っていた。サイドでもらって仕掛けてクロスを上げようと、何回かやったほうがいいかなと思い、それが出たシーンだったと思います」
 
 大迫との見事なコンビネーションを見せ、伊東はアシストの舞台裏も明かした。

「サコくん(大迫)とは、『速いボールに入ってきてほしい』と試合前から話していました。それが上手く出たと思います」

 10月7日にはアウェーのサウジアラビア戦に臨む。伊東は次戦に向けて力強く意気込んだ。

「初戦を落としてしまいましたけど、あと全部勝てるように頑張りたいと思います」

 次の試合もアシストなるか。伊東の活躍に期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】W杯アジア最終予選オマーン、中国戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【W杯アジア最終予選PHOTO】中国0-1日本|”半端ない”大迫勇也が決勝ゴール!キッチリ勝ち点3獲得!