日本代表は現地時間9月7日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選の第2節で、中国代表とカタール・ドーハで対戦。なかなか均衡を破れぬなかで40分、右サイドを突破した伊東純也のクロスに大迫勇也が右足で合わせ、ようやく奪ったゴールが決勝点となり、日本は1-0で勝利を収めた。

 試合後、インタビューに応じた森保一監督は、痛恨の黒星を喫したオマーン戦から、立て直しを見せた選手たちに賛辞を寄せている。

「この中国戦に向けて気持ちを切り替えて、良い準備をしてくれて、1人ひとりがしっかり戦う、そしてチームとしてもう1回日本らしく戦っていこうと。今日は本当にみんなで走って戦ってくれて勝利を掴み取ってくれたと思う。みんなが本当にチャレンジ精神を持っていたのが良かった」
 
 全10試合、長丁場となる最終予選はまだまだ続く。次戦は来月7日にサウジアラビアと相まみえるなかで、指揮官は今後に向けて決意を誓った。

「ワールドカップ出場に向けて、厳しい戦いはまだまだ続くと思うが、今日勝点3を獲れてひとつ前進できたと思う。厳しい戦いを常に覚悟して、1戦1戦最善の準備をして、ベストを尽くして戦うこと、また粘り強く戦ってチームで前進していけたらと思う」

 DAZNのゲスト解説を務めていた元日本代表監督の岡田武史氏も、“後輩”を見て「ホッとしたんだろうなというのを話の端々に感じた」と語ったように、まずは初勝利に森保監督も安堵したようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】大迫の先制点!伊東の右サイドの切り込みからダイナミックに押し込む

【PHOTO】W杯アジア最終予選オマーン、中国戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【W杯アジア最終予選PHOTO】中国0-1日本|”半端ない”大迫勇也が決勝ゴール!キッチリ勝ち点3獲得!